*All archives* |  *Admin*

2017/07
<<06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
危険人物注意報!!
昨日はバイトでの年度末処理でとっても遅くなってしまったので、更新できずにすみません

月・木は3月の間こういうこともあって更新できないかもしれませんが、その時はお許しくださいね。





さて、明日で『泣くな、はらちゃん』も最終回!

きっと涙、涙なんだろうな~と思います。

前回も見ていて切なかったよ。

はらちゃんの「痛いです…」っていう言葉、重かったな。

肉体的な痛みではなく「こころの痛み」なんだろう…

漫画の世界にはなかった、人と人が殴りあう現実の世界、そして越前さんのためとはいえ自分も人に暴力をふるってしまったこと…はらちゃんの思いは深かったよね。

その想いをわかっているからこその越前さんの涙だ。

「はらちゃん、ごめんなさい。こんな世界でごめんなさい!」という越前さんの泣きながらの言葉は、彼女の悲鳴にも聞こえたな…

そして越前さんははらちゃんの「私たちは両思いです」と言葉を残して、禁断のノートを開いてしまう…

このときにはもう越前さんの気持ちは固まっていたんだろうね。

「私が漫画の世界に行こう!」と。

でも漫画の世界に越前さんが来ているのに涙を流すはらちゃん。

嬉しさよりもせつなさ、「それでいいのか?」という思い…いろんな思いがはらちゃんの心をよぎって痛んだと思うな。




そして明日はいよいよ最終回。

どんな結末になるんだろう?

きっとはらちゃんと越前さんらしい答えを2人は出すんだろうな、と思います。

明日はハンカチ握りしめて見なくっちゃです




昨日はらちゃんのシナリオ本が発売されましたよね。

もっちろん購入するつもりです!!

ただシナリオ本プレゼントに応募しているので、「当たったらいいな」と勝手に思ってたりして(笑)

それなのに!!

我が家の娘ときたらシナリオ本を学校の帰りガッツリ立ち読みしたらしく、「最終回の話読んじゃった!」と言ってくるではあ~りませんかっ!!

「言うなよ!ドラマ楽しみにしてるんだから!!」とクギをさしているのですが、「つるっと言っちゃうかも」とニヤニヤしながらやたら寄ってきます。

こ、こんなところに危険人物がいたとは!!

できれば最終回終了まで口を針と糸で縫っておきたい気分です(笑)




いよいよ最終回!絶対に見逃せません!!!




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

3月20日14拍手、21日0時台、1時台、6時台、8時台2拍手、9時台2拍手、21時台、22時台、22日0時台ととてもたくさんの拍手をいただき、本当にありがとうございました!!


コメントレスです↓↓↓

3月21日22:52に拍手隠しコメントを下さったSさんへ。

いつもコメントありがとうございます。
レスが遅くなってしまってごめんなさい。

Marching Jの話、私もたまたまネットで見つけたんですよ。
せっかくのお話なので、少しでも多くの方に知ってもらいたいな、と思って記事にしました。
もう2年も経つのに、まだまだ復興は進みませんよね。
地震・津波の被害だけでなく、放射能のこともあるので、まだまだ時間はかかると思います。
そんな中でも復興に向けて頑張っている方々がたくさんいますよね。
私には何もできませんが、それでも震災のことをずっと忘れないことは大切にしています。
忘れた瞬間から震災は過去のものとなってしまいます。
少なくとも完全な復興を遂げるまで、心にずっととめておこうと思います。

『手紙』はメロディラインと歌詞が本当に心をほわんとさせてくれる優しい曲ですね。
実際に手紙を友達からいただくと、その人のあったかい想いまで届いたような気がします。
Sさんのおっしゃるとおり『リリック』とは全く違う曲ですよね。
そしてSさんの的確な言葉、全くその通りです。
TOKIOの世間一般の方の印象は『元気ソング』って感じなんじゃないかな?
でももう大人の彼ら、『手紙』のような落ち着いた、それでいて心に響く曲も歌えるんだよ、って思います。
『だいじょうぶ3組』と一緒にたくさんの方に聴いていただきたい曲ですよね。
また『リリック』ともどもじっくりブログで感想を書きたいと思います。
それからSさんから教えていただいた『DASH』のことも…

今度の『DASH』は3時間SPですね。
今からとっても楽しみです

Sさんはもう春休みですか?もうちょっとかな?
気候もいいので、どこかに出かける予定とかあるのかな?
せっかくのお休み、有意義に過ごしてくださいね。

--------------------------------------------

眠い…恐ろしく眠い

“春眠、暁を覚えず”とはよく言ったものだ。

もう春なんだな~


またよかったら遊びに来てくださいね



スポンサーサイト
本当にそれでいいの?
『泣くな、はらちゃん』第7話。

遂に漫画の世界の人がみんな人間の世界に出てきましたね。

公式HPを見て、いつかは出てくるんじゃないかな?と思ってたけど、こういう展開でとは。

間一髪でノートがリサイクルされるところを逃れたはらちゃんたち。

おなかがすいてもファミレスで食事すらできないんだよね。

なぜならお金を持っていないから。

でもそのおかげで「働くことの楽しさ」を味わって、おいしい大根スティックをみんなでポリポリ。

それすらも幸せだと感じるんだね。

そんな気持ち、私はすっかり忘れている気がする…



逃げている途中で拾った犬の飼い主と一緒にふなまる水産を目指すはらちゃんご一行。

まさかここでONちゃん(あの車を運転していた人です)が出てくるとは?!

ONちゃんというのは安田顕さんのこと、『水曜どうでしょう』を見ている人ならわかるよね、ONちゃん

私、安田さんが所属しているTEAM NACSの役者さん、大好きなんですよ。

大泉さんも戸次さんも、音尾さんも、リーダーも

今回の安田さんもすっげーロッカーでかっこよかったな。

はらちゃんに「住む世界が違っても好きな女は離しちゃダメだ」って言うところは、すっげーロッカーだったよ、うん。




その言葉を受けて、はらちゃんは越前さんに一緒にいたいと言うんだね。

前回泣きながら自分でノートを開いたはらちゃんとは大違い。

初めて叶わないと思いながらも、自分の気持ちを素直に言ったんじゃないかな?

それまでも「好きです!」「両想いになりたいです!」と言いながらも、自分が越前さんと住む世界が違うとは知らなかったからこそ言えた気持ち。

自分が漫画の世界に住むと知ってからはなかなか言えなかったことだと思う。

越前さんを困らせたくなかったから。

でも安田さん演じるロッカーの言葉で自分の思いを越前さんにぶつけたんだね。

越前さんもはらちゃんのことが好きだけど、叶わない思いだと思って何も言えなかった…




そこに笑いおじさんがひと言!

「じゃあ、そのノート開けなきゃいいんじゃないか?」




その言葉でノートをビニールテープでぐるぐる巻きにしちゃった越前さん。

「もうノートは開けません。みんなここにいてください!」って言ったよね。

その気持ち、痛いほどよくわかる。

よくわかるんだけど、本当にそれでみんなが幸せになるんだろうか?という思いも浮かんできます。




きっとここから最終回まで、まだまだ辛く苦しい選択を迫られるであろうはらちゃんと越前さん。

全てがHappy Endとは行かない気がするけど…

それでもみんなが前向きに歩き出せるような結末になればいいな、と思うのです。



そして遂にあの謎が解けるみたいですね。

「ユキ姉…」とつぶいた百合子さん。

予告で「私たちを殺したのはあの人だ!」というユキ姉。

矢東薫子とともにユキ姉が言っていた「昔、向うの世界に行ったことがある」という話がいよいよベールを脱ぐんだろうね。

まだまだ目が離せない『泣くな、はらちゃん』。

楽しみなような、怖いような…複雑な心境です。




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

3月3日0時台、1時台、6時台、10時台、13時台、17時台とたくさんの拍手をいただき、本当にありがとうございました!!


明日はバイトがあるんですよね。

そしてバイトの大学生が1人減るので、きっとてんてこまい!

ブログが更新できないかもしれませんし、更新できてもコメレスができないかもしれません。

勝手を言って申し訳ないのですが、その節はお許しくださいませ


またよかったら遊びに来てくださいね




大好き、はらちゃん…
『泣くな、はらちゃん』第6話。

切なさMAXです、涙がダーッって出てきました

特にはらちゃんが自分から越前さんの漫画ノートを開いて漫画の世界に帰っていく場面。

胸がギューッって締め付けられる思いでした。

はらちゃんの願いは越前さんが笑顔でいること、幸せになること。

そのためには何でもできるんだね…

まさしく“無償の愛”なんだろうね。

あれほど帰りたくない漫画の世界の扉も自分から開いてしまうほど越前さんの涙は見たくないんだな。

涙を流しながらも笑顔でノートを開くはらちゃんが切なかった、苦しかったよ。




と同時に、人間の世界と漫画の世界だから結婚できないと伝える越前さん。

はらちゃんが漫画の世界に帰った後、部屋で「大好き、はらちゃん…」と呟く越前さんの気持ちもたまらなかった。

どんなに好きになっても、ずっとそばにいてほしくても叶わない人。

だけどどんどん惹かれていくんだよね。




せつなすぎる、苦しすぎるよ…




漫画の世界に帰った後も涙が止まらないはらちゃん。

それでも笑顔で歌を歌うはらちゃんと一緒にみんなが歌を歌うシーンもグッときました。



もう言葉には言い表せないほどの感動と切なさ…




7話では遂に漫画の世界の住人がみんな人間の世界にやってくるんだね。

私と娘はパートの百合子さんがずっと『矢東薫子』だと思っていて、ユキ姉はそのとき何かがあったんじゃないかと思っているのです。

そして矢東薫子はペンを置いてしまったんじゃないかと。

だんだんとその謎も解けてくるんだろうな。

ユキ姉も人間の世界にやってきたのだから、新たな進展もありそうです。




そして越前さんとはらちゃんの『恋』の行方も…





まだまだ『泣くな、はらちゃん』から目が離せません!!




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

2月27日0時台、1時台、2時台2拍手、6時台、7時台2拍手、14時台とたくさんの拍手をいただき、本当にありがとうございました!!


コメントレスです↓↓↓

2月27日21:50に拍手隠しコメントを下さったSさんへ。

コメントありがとうございます。
ご心配いただいてすみません。
今までの疲れがたまっているのか、結構身体にきています。
もうトシなんだな(シュン)

『すぽると!』TOKIOファンが見ていたら、やっぱり「!!」ってなりますよね。
槙野選手、ファンの心をくすぐることしてくれて、とっても嬉しいです。
きっと浦和のサポーターさんにもちゃんとサービスされる方なんだろうな、って思いました。
Sさんも私と同じ事考えてたんですね。
やっぱり思いますよね、「見てるかな?」って。
ああいう場面ってその時に見ているからこその感動ってありますもんね。

テスト勉強、今もやってます。
日頃は宿題に追われててなかなかできないので、いつもバタバタやってます。
Sさんも身体に気をつけて頑張ってくださいね!
応援しています!!

-----------------------------------

トシには勝てないな…

風邪が結構身体に来ています。

今日は普段の寝不足もあってか、1日中グダグダやってました。

だからでしょうか、少しラクになりました

明日からはまたお仕事頑張らねば!!


またよかったら遊びに来てくださいね




この世界がわかるのは…
『泣くな、はらちゃん』、先週も泣いちゃいました

まさか工場長が亡くなっちゃうとは。

でも作品として“工場長の死”がメインではないからそこにスポットをあてて書いてなかったね。

はらちゃんの提案で、越前さんの漫画の世界で生きる工場長改めたまちゃん。

このシーン見てて、思い出しました。



以前どこかで聞いた話なのですが、「人間は二度死ぬ」そうです。

一度は肉体の死。

これは文字通り、通常の「死」を意味しますよね。

そして二度目は「忘れられること」。

その人が亡くなっても誰かが覚えている事、その人のことを思い出すことで、亡くなった人は人の心で、記憶の中で行き続けているそうです。

でもみんなの心から、記憶の中でも生きられなくなったその時、本当に意味での「死」が訪れるのだと。




先週のはらちゃんはこのことを指していたのかな?と思いました。

工場長は亡くなってしまったけど、越前さんの漫画の世界でたまちゃんとして生まれ変わって生き続ける。

この「越前さんの漫画=人の心・記憶」を指しているんじゃないかと思います。





最初はね、漫画の世界から飛び出してくるっていうシュチュエーション、「えらい飛んでるな!」って思いました。

でもすっごく奥が深いし、考えさせられるドラマですよね。

だからといって笑える部分もあるし、表面的には深いテーマを扱っている割にはライトな描き方だと思います。





でも視聴率は芳しくないんだよね…





つい先日も『泣くな、はらちゃん』の視聴率についてのこんな記事を見ました。



ドラマの質はいいし、評価も高いのに視聴率に結びつかない…

これについてこんなことが書かれていました。

ドラマウォッチャーの雑誌編集者はこう指摘する。
「長瀬智也は、『ジャニーズっぽくなくて泥臭い、暑苦しい感じが好き』という声が多数ある一方で、イケメン目当てでドラマを見るような層からは『ゴリラみたい』『見た目が……』なんて声も聞こえます。」


まあこれは私的にはスルーです。

TOKIOのカッコよさはわかる人にしかわからないよ。

長瀬くんのカッコよさ、LIVEに来てみ?って言いたいよね。

ステージ上のTOKIOはめちゃかっこいいし、輝いてるよ。

それに彼らの魅力って「大人の魅力・色気」じゃない?

これって単に「イケメン」っつーくくりでは表せないよね。

だからこの記事はさほど気にしてません。

スルースルー




実は気になったのはこの記事なんです↓↓↓

ただし、低視聴率の一因として、もっと大きいのではないかと指摘するのが、「ファンタジー要素」だ。
「マンガの世界の人物が出てくるなど、現実にありえないような夢のあるファンタジーな世界観を『幼い』『幼稚』と感じて、入り口で拒絶してしまう人がいるということはあると思います。この作品のようにファンタジー要素の強い作品は、実は『幼い』のではなく、むしろかなり大人向け作品。大人だから笑える、泣けるツボが多いんですが……。質は非常に高く、熱狂的なファンがいるのに視聴率は良くない『すいか』や『セクシーボイスアンドロボ』などの木皿泉脚本の作品とも似た雰囲気を感じますね。」(同)


まさにこの記事って的確に見てくれてるなって思います。

表面上だけ見ればわからない奥の深さって、大人にならなきゃ伝わらない部分ってあるよね。

いろんな経験を経て、いろんな思いを重ねてきたからこそドラマの描きたい部分が伝わってくる。

きっと精神的な意味で大人じゃなきゃわからないのが『泣くな、はらちゃん』のようなファンタジードラマだと私も思います。

↑↑↑の記事を読んでいて思わず「そうそう!」とうなずいちゃいました。

きっと今読んでくださっている方も同感ですよね

さっき私が書いた「人の死」についても、意図しているところは違っているとしても、深く考えることができるのも、やっぱり大人じゃないと無理ですもんね。




それが視聴率に結びつかないのがちょっとジレンマだけどね。




長瀬くんが主演しているからこそ出会えたドラマ、『泣くな、はらちゃん』。

長瀬くんが出てなかったら見なかったかもですもの。

TOKIOに、長瀬くんに感謝ですよね。

TOKIOに感謝は、このドラマがなければ『リリック』に出会うこともできなかったからね。

直接会ってお話する機会があったら「ありがとう!」って伝えたいくらいです。




今日の『泣くな、はらちゃん』も深く、切ないお話になりそうです。






上記の引用記事は以下で全文読めます↓↓↓(PCサイトにとびます)

http://topics.jp.msn.com/entertainment/cyzo/column.aspx?articleid=1684519





★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

2月23日1時台、2時台2拍手、4時台、6時台、12時台とたくさんの拍手をいただき、本当にありがとうございました!!

コメントレスです↓↓↓

2月23日4:54に拍手隠しコメントを下さったSさんへ。

コメントありがとうございます。

Mステ、みんなかっこよかったですよね
リーダーの渋さと色気に芽目がハートになっちゃいました
バラエティやMCやってるリーダーも大好きですが、やっぱりギター持ってるリーダーが私の中では1番です

冬の二度寝は私は大好きです。
ゆっくり休んでくださいね。

------------------------------------

今日は寒い一日ですよね。

何となくノドが痛いし…

家族の風邪が移ったかな?

ヤバイ、ヤバイ


またよかったら遊びに来てくださいね




風が強い…
今日は1日あったかかったね

昨日天気予報で「3月から4月の気温」と言ってたけど、確かにその通り!

私は1日お仕事してたんで家の中だからあまり感じなかったんだけど、マラソン大会(懐かしいな~学生時代の冬の恒例行事だね)だった娘は「半袖・ハーフパンツで走っても全然寒くなかったよ」と言っておりました。

でも明日はまた冬の気温に戻るらしいから風邪引かないように気をつけなくちゃね。





風と言えば…

今日も結構風がきついんだよ、私のところ。

日テレ系(こちらではRNC西日本放送)見てると時おり画像が乱れる

また『泣くな、はらちゃん』分割事件が発生するかも

他の局ではならないんだけど、どうもRNCでは…

以前『DASH』が3分割だったり、『ZIP!』にいたっては8分割ぐらいになってたこともあったからね。

どうか『はらちゃん』の時だけでいいんで、風がやみますように、なむなむ





『はらちゃん』見てていつも思うんだけど、あの赤いジャンパー、確か学生の頃流行っててさ、男子とか友達とか着てたよ。

私の周りではネイビーが多かったかな?

あのジャンパーがほしくってね~私。

結局のところ買わなかったんだけど、はらちゃん見てるといつもジャンパーがほしかった頃を思い出します。

あのジャンパー、完全に昭和テイストだもんね。

長瀬くんがこだわって選んだジャンパー、長瀬くんも着てたのかな?






『はらちゃん』つながりで蛇足を

いよいよ私の住む岡山市でも宣伝に乗り出したらしく、ちょっと前にY○hoo!トップページでも「桃太郎市へ?!」って載ってました。

でもさ、一体誰がやるのさ、そのCM?って思ってたら、な・な・なんと!!

『はらちゃん』の笑いおじさんこと甲本雅裕さんでした。

バックに流れている曲はもちろんお兄さんの甲本ヒロトさんのバンドザ・ハイロウズ(昔は・ブルーハーツ、今はクロマニヨンズを結成してますね)の『日曜日よりの使者』だった。

シャラララ シャララララ~このままどこか遠く~って曲。

そうそう、このご兄弟は岡山市出身だったわ。

確かおうちはクリーニング屋さん。

昔働いていた職場の近くにお店がありました(今はもうないと思う)

岡山っ子のソウルフードである木村屋(パン屋)のバナナロールを食べてたり(甲本さんは『はなまるカフェ』でもバナナロールを紹介してた)、オハヨー牛乳飲んでた。

どちらも岡山っ子には馴染み深いものなんです。

“おしい!広島県”の有吉さんや“うどん県”副知事の要さんに負けるな!

甲本雅裕さんに岡山市の名前を売ってもらって、全国規模にしてもらって、TOKIOにもLIVEしてもらおうじゃないかっ!!

だいたい中四国地方ってああいうときだけ関西地方に含めてLIVEとか飛ばされちゃうんだもん

納得いかねーよ





おおっと!蛇足が本題になってる(笑)

ついつい地元でLIVEをっていう話になると燃えてしまう

リーダー、地方の者は本当に心から「地元でLIVEを!」って熱い想いを胸に、いつも遠征に出かけております

いつの日か本当の意味での“全国ツアー”をよろしく




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

2日1日21時台、2日1時台3拍手、2時台、7時台2拍手、11時台、12時台、13時台4拍手ととてもたくさんの拍手をいただき、本当にありがとうございました!!


今までの仕事の疲れか、最近眠くて仕方がない

全然仕事がはかどらん

どうしよう…

そう思いながらも、こうやってブログを書いて現実逃避をはかっております(笑)


またよかったら遊びに来てくださいね




義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
いま、何時?!
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
遊びに来てくれてありがとう
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
プロフィール

のぶりん♪

Author:のぶりん♪
性 別:女
血液型:AB型
星座:山羊座★
年齢:リーダーと同じく
    「心は十代」

最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。