*All archives* |  *Admin*

2011/06
<<05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世界からDVD化を望む声が!!
ブログのメールフォームからカイリーさんという香港に住んでいらっしゃる方からメールをいただきました。

世界にいるTOKIOファンからも今回の『PLUS』ツアーのDVD化を望む声が起きているとか。

日本にしか目を向けていなかった私ですが、海外にも多くのTOKIOファンの方がいらっしゃって、今回のツアーのDVD発売を望んでいらっしゃるのを知って、すごく嬉しかったです。

日本にいるファンもそれぞれの事情によってたくさんのLIVEに参加したくても1公演しか参加できなかったり、予定が合わなくってLIVEに参加することができなかったり…

今回は震災もあり、いつも以上にそんな方が多かったと思います。

海外の方はそれこそ費用の問題もあったりと、もっともっと私たちより参加できない方もいらっしゃるんでしょうね。

それでもTOKIOをこうやって応援してくださっている。

同じファンとしてもとっても嬉しいことです。




私はDVD用のカメラがどんなものなのかわかりませんが、少なくともそれぞれの会場にはビデオ撮影がされていた(ホームビデオのような機器だったと思いますが)し、『PLUS』のPVでも使っていたようにリハの映像もたくさんありそうですよね。

この際パッケージもそんなにこだわらなくてもいいし、なんだったら「○○枚以上の注文があれば作成します」という受注生産でも構わないので、何とか発売してほしいものです。

作成する人員が足らないのであれば、パッケージぐらいはお手伝いできるからなんだったら行きますよ!

リーダーにハグ付で←きっと頼まれません(笑)




海外からの声をコメント欄にカイリーさんに書いてもらうことにしました。

いずれかの時点でコメントしてくださると思いますので、よかったら読んであげてくださいね。




それから、リーダー!

こんなにも海外のファンの方がいらっしゃるんだから、絶対にやらなきゃだめだよね、ワールドツアー




※ この記事は多くの方に読んでいただきたいので、6月30日付で先頭にアップしております。
スポンサーサイト
青洲の真意
昨日の『直伝 和の極意』は華岡青洲を取り上げていました。

日本史が好きで、高校時代も得意教科だったのですが、私が「華岡青洲」という人物の名前を知ったのは、仕事を始めてからなのです。

偉大な人物なのだけど、いわゆる「受験勉強」に出てくる人物ではなかったんだろうと思います。

日本史だけは点数も高かったので、「覚えていない」「記憶にない」ということはそういうことだと思います。

次回の特集である渋川春海の名前はうっすらと覚えていたから。




私が華岡青洲と言う人物の名前を知ったのは、看護学校に勤めていたからです。

入った当初図書館の管理を任されてまして、そこで本を整理している時にたまたま“文学の中の看護”という趣旨の本がありまして、その中に看護学生に読んでほしい本がずらーっと書いてありました。

その中の一冊が有吉佐和子さんの『華岡青洲の妻』という本だったんです。

(他にも『海と毒薬』、『飛鳥へ そしてまだ見ぬ子へ』などがありました。)

実際に文学という科目の時間、担当していた講師の先生がこの本を使って授業されていました。

もともと本を読まない私、あらすじは何となく知っていたのですが、青洲と言う人物がどんな人なのか…掘り下げては知らなかったんです。





今回の放送を見て、青洲の偉大さに初めて気づきました。

現代の医学の基礎を築いた、青洲の医学が基礎となって今日の医学が成り立っている、ということも。

医学といえばオランダ医学、『解体新書』ぐらいの知識しかなかった私ですが、日本にこのような偉大な医学者がいたということは同じ日本人として誇りです。

毒とされていた漢方と、その「毒」の部分を打ち消す漢方を組み合わせることによって“通仙散”なるものを作り出す発想、素晴らしいですよね。

私なら「毒は毒!」とあっさり目の前から除いてしまうから。

そこが凡人との違いなんでしょうね。





一番心に残ったのは「ただ病から人々を救いたい」という想い。

山口くんも言っていましたが、自分の名声・地位でもなく、病で苦しんでいる人々を救いたい、救える命があるのならこの手で救いたい、という医学者としての純粋な想いが青洲を研究に、新たな技術の開発に駆り立てたということです。

昔の人々って本当に純粋な思いで研究、開発を行ってきたんだろうな。

もちろん中には自分自身の富・名声にこだわった人もいると思います。

それは今も昔も変わらないと思うのです。

しかし、それだけでは技術も、研究も今のような水準には達することはなかったんじゃないかと思います。





昨年の夏、奈良の万葉文化館のガイドさんに聞いた、富本銭という日本初の貨幣を鋳造した話。

実際の鋳造所跡を見ながらの話でしたが、遺跡から昔の人々の「今の日本をよくしたい!」という叫びが聞こえてくるような気がしました。

先人の純粋な日本を思う気持ち、そして惜しみない努力の上に今の私たちの生活が成り立ってるんだな、と思うとさまざまなことに感謝の気持ちが沸いてくるのを覚えました。

そして今でもその「志」を引き継いで研究、開発を重ね、努力を行ってくださる人々がいる。

太古の昔から脈々と受け継がれている精神の一端を青洲から感じました。





なぜ看護学生に『華岡青洲の妻』という本を読ませていたのか…今やっとその講師の先生の思いがわかりました。

「同じ医療に携わるものとして、知識として知っていてほしい」というお考えからなのか、と浅はかに思っていた私が恥ずかしいです。

きっと医療に携わる者、「『ただただ病から人を救いたい』という想いを忘れることなかれ!」ということを伝えたかったのではないでしょうか。

看護の道に進む者なら『ナイチンゲール誓詞』という有名な言葉からそれを学ぶのですが、日本にもその志を持って医療に携わった人物がいるんだ、ということをきっと知ってほしかったのだろうと思います。





山口くんがこの番組を担当していなかったら、きっと今でも私はその先生の想いがわからなかったことでしょう。

TOKIOのおかげで、山口くんのおかげで大切なこと、たくさん学ばせてもらえています。

本当に、感謝の気持ちでいっぱいです。



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

6月29日0時台、4時台、8時台、11時台2拍手、21時台とたくさんの拍手をいただき、本当にありがとうございました!!


リーダーの舞台に行くまで、あと1週間なのですが、なんだかんだでお仕事がいっぱいです

もうかなりの睡眠不足

でも舞台前日は早く寝れるように前倒しで頑張んなきゃ!!


またよかったら遊びに来てくださいね


流れ板・松岡のお料理エピソード
昨日暑くてなかなか寝られなくって、携帯の『ニッカン芸能』サイトを見ていたら、1カ月前に松岡くんのお話が書いてありました。

TOKIOのLIVEのバックステージで松岡くん手作りの料理が並ぶことはファンならみんな知ってますよね。

このお話。

料理上手な松岡くんは時間があるとき、手料理を持参してますよね。

「小腹がすいた時やLIVE前にちょっと入れておこうということにもなるしね。前の日から仕込んでおいてね。」と話していたそうです。




その手料理の中で過去、メンバーに好評だったメニューを聞いたところ、松岡くんはこう言ったそうです。

「山口はもつ煮が好きかな。俺、トリッパを使うから。長瀬はカレーが好きだね。僕はいろんな野菜をすって入れちゃうし。それにシーフードだったり、時にはもつを入れたり。城島は汁物が好きですね。太一くんももつ煮とか好きだから、よく食ってるかな。」

長瀬くんのカレー、すっごくお似合いだよ

お皿持ってガツガツ食べてるところが想像できちゃいます。

だってワイルドな長瀬くんだもん、その食べ方がピッタリでしょ?!

そしてリーダーの「汁物」っていうのもまさにだ(笑)

「やっぱり汁がないとあかんな~」とか言いながら嬉しそうに食べてるリーダーの顔が浮かびます。

みそ汁好きなリーダーらしいですよね。

太一くんのもつ煮はちょっと意外かな?

『ゴチ』では魚料理が多いから、もっとシーフード系のものが好きなのかな?と思ったんだけど。

それだけ松岡くんのもつ煮が絶品ってことなんだろうな。

山口くんに至ってはおいしさのあまり、もつ煮を持ち帰ったそうです。

きっともつ煮をアテに、美味しいお酒を飲んでそうだよね。




メンバーだけじゃなく、KAT-TUNの田中にも手料理を振舞ったことがあるそうです。

一緒に飲んだ後、松岡くんの自宅で飲みなおすことになった時、ありあわせの材料でパパッとおつまみを作ったそう。

そんな松岡くんを見ていて、田中くんは「手際もハンパなくいいし、何よりマジでうまかったっす!」って感激したんだって




来週最終回を迎える『高校生レストラン』でも、包丁さばきなど手際の良さはプロも絶賛しているそうですよ。

そりゃそうだよ、なんたって流れ板だもん





今回のLIVEではドラマの撮影が忙しくって、手料理を振る舞う時間がなかったかもしれませんね。

でもまたいつか時間がある時に松岡くんの料理、メンバーに食べてもらいたいな。

「うっめ~

「やっぱり松岡の料理が一番おいしいな

「まだおかわりできる?」

「松岡くんってやっぱ天才だよね!」

なんてワイワイ言いながら、食べてるメンバーを嬉しそうに見ている松岡くんが目に浮かぶよ。

個人のお仕事が忙しくってなかなか5人が一緒になることがないからこそ、こうやってワイワイしているTOKIOでいる時間が少しでもあるといいな、って思います。

もちろん私がそれを影からこそーっと見ることができるわけではないんだけどね(笑)

それでもMCやこうやって新聞の記事で間接的に知ることができるから。

そしたら想像力の豊かな私だもん、頭の中でその様子を描いてちょっと嬉しくなったりする




そんな意味でも、それから私が待ち望んでいるから…次のLIVEが待ち遠しいよ~


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆

6月27日23時台、28日6時台、9時台、12時台、13時台、17時台2拍手、19時台、22時台とたくさんの拍手をいただき、本当にありがとうございました!!


ニッカンさんはよくTOKIOのことを書いてくださるんです。

武道館LIVEに浪江町の方々を招待してくださったことはこのブログでも紹介しましたが、他にも長瀬くんの『ブリヂストンタイヤ』のCM撮影の裏側話だったり、太一くんのTOKIO話などなど…他のメンバーよりエピソード掲載率は多いと思います。

本当にニッカンさんには感謝、感謝です

こうやって書いてくださるのも、きっとメンバーがいいお仕事をしている証拠だし、「取り上げよう!」って思ってくださる人間、グループだということなんだと思います。

ちょっと私も鼻が高いよ

これからも何かエピソードが掲載されたら、このブログに書いていこうと思います


またよかったら遊びに来てくださいね


ぱっつん!な前髪
 前髪1ミリ切りすぎた午後 あなたに逢うのがちょっぴり怖い… 

昔、昔松田聖子さんのアルバムに収録されていた『赤い靴のバレリーナ』の歌詞です。

この心境よくわかる



広島に友達に逢いに行く2週間前、久しぶりにパーマをかけておめかし

それ以来髪も切ってなかったら、前髪が伸びてうっとうしい

ここで美容室に行けばいいんだけど、つい自分で切っちゃいまして

最初はよかったんだけど、やっぱり自分で切るとなかなか揃わないからどんどんはさみで切っちゃったみたいで、気づいたら前髪がぱっつんだ!!

気づいた時にはもう“時すでに遅し”だよな

ぱっつん&On The まゆ毛

どうする、私?!




美容室に行かなかった理由はただ1つ!!

実は私の母が美容師でして、小さい頃から母以外の人に切ってもらったことがないんです。

つまり美容室に行ったことがない。

でも、母にカットしてもらうとなるとその時間の間中お説教を聞かなければならないというオマケつき(笑)

「ただより高いものはない」とはよく言ったものです。

かといって、今さらこの歳になって美容室に行く!というのも結構勇気がいるものでして

だから前髪ぐらいならちゃちゃっと自分で切ってしまうんですよね。

まあ、「ちょっと切りすぎか!?」ってことはあるのですが、それでも大体は2、3日で収まるもんなんですよ。

それが今回はえらく切りすぎまして、1週間たった今でもぱっつん&On The まゆ毛

あと10日ほどでリーダーの舞台に行くというのに…




そんな悩みを家族に打ち明けても「リーダー見てないし」と片付けられました。

そりゃそうなんだけど、やっぱり自分の乙女心として…あるじゃないですか!

そんなに可愛くなくても、美人じゃなくても、自分なりに…ってのが。

毎日、毎日「今日もオンザだ…」と鏡を見てため息一つ




そういや、中学の頃「いや○しい人は髪の毛が伸びるのが早い!」とか言ってたっけ。

ちょっといろいろ妄想でもしてみたら、髪の毛伸びるかな~





リーダーがLIVEで自分で前髪切った!とか言って、メンバーから突っ込まれてて、私もその危険性をブログで語ったのだけど、それなのになんでやっちまったんだろう??

7月6日までに、前髪まゆ毛の下まで伸びますように…


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

6月26日23時台、27日0時台3拍手、5時台、8時台、10時台2拍手、12時台、13時台、14時台ととてもたくさんの拍手をいただき、本当にありがとうございました!!


梅雨も明けていないのに、毎日暑いですね

6月からこんなに暑かったら、夏本番はどんなに暑いんだ?!

もう今から考えて恐ろしいです


リーダーも今は舞台で気が張ってるから大丈夫かもしれませんが、終わったら疲れが来なければいいのにな、と思っています。

舞台を見て、「楽しかったよ」っていうメッセージをこめた拍手がリーダーのパワーになるのなら、精一杯拍手を贈ろうと思っています。

そのためにも、前髪伸びろっ!!


またよかったら遊びに来てくださいね




東京公演終わりましたね
リーダー、『6月のビターオレンジ』東京公演、今日終わりましたね。

お疲れ様でした

TOKI友さんからのメールで「期待していてください!」とか「楽しみにしててね」っていうメールをたくさんもらいました。

また「時間があれば1公演だけでなく、もう1回見に行ってください!」とも。

こんなにたくさんの嬉しい声、リーダーにも届いてますか?





LIVEツアーが5月末までずれこんで、リーダーは正直大変だったと思います。

当初は5月は舞台の稽古にもっと打ち込める予定だったから。

選択肢としては中止になった公演の振替をしない!というものもあったはず。

でも、2年待ってた私たちのためにLIVEも最後までやり抜き、そして舞台の稽古、台詞覚えも懸命にこなしたリーダーに心から感謝したいです

本当は心身ともに疲れていたと思うのですが、LIVEではオーラスまで素敵なギタリスト城島茂を見せてくれたんですよね。

いつまでもチャレンジする心、とっても素敵だと思います。

太一くんの言う「忙しいことを言い訳にしたくない!」っていう気持ち、TOKIOのみんな持ってるんだろうね。

それをリーダーは「いつも走り続ける」という言葉で表してるんだと思います。





忙しい中懸命にやってきた舞台だったけど、見に行ったファンの方々の嬉しい声を聞いたら、きっとそれも吹き飛んだことでしょう。

本当によかったね、リーダー





次は大阪公演ですね。

大阪公演は1週間という短い期間ですが、リーダーの故郷関西での舞台。

お母様も見に来られるんでしょうね。

私も残念ながら仕事の関係で1公演しか見に行けれませんが、今からとっても楽しみにしています。

LIVEのステージとは違った、舞台上での輝く、素敵なリーダーと心に残る時間を過ごしたいと思っています。

千秋楽の日、私の片想いスポット、森之宮で待っててくださいね



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

6月25日12時台2拍手、13時台2拍手、19時台、20時台2拍手、23時台、26日5時台2拍手、6時台、13時台ととてもたくさんの拍手をいただき、本当にありがとうございました!!


今週末はお仕事がなかったので、すっごくのんびり~

衣替えしたり、部屋の片づけしたり、昼寝したり(笑)

寝不足でお疲れモードだったのがやっとスッキリ!しました!!

明日からまた頑張ろっと


またよかったら遊びに来てくださいね


黒でまとめた俺たち(ツアーパンフ感想その1)
コンパクトなツアーパンフ。

私は『suger』のパンフからしか知らないのですが、それよりも小さくなりましたよね。

でも、なんだか「ちょっと旅行に出かけるときも持っていける」っていう気がする。

「すぐ手に取れる」って感がちょっと気に入っています。

実際に広島に遊びに行った時もカバンに忍ばせて行ったぐらいだから(笑)




表紙の黒一色を見ているとついついあの歌を思い出す。

黒でまとめた俺たち~

ツアーパンフも「俺たち」の仲間だもんね。

大人になったTOKIOにはこの黒が似合うと思う。

LIVEでも「黒でまとめた俺たち」カッコよかったもん




内容も、いつも以上に写真が素敵でした

着うた配信の時の『PLUS』の映像を見てたから、「あの時の写真なんだろうな」って思っていたけど、『PLUS』のPV見てからはまたちょっと違った感想を持ちました。

「この写真はあの時と同じ日だよね。」とか「こんな表情もしてたんだ。」とか。

PVと写真で、『PLUS』収録とLIVEリハでのTOKIOの表情、想いが少しずつわたしの中で1つになっていきます。

彼らの費やした時間、込められた想い…全てが私にわかるわけではないのですが、それでもこうやって手元にその一部でも届けてくれたことで、より一層『PLUS』という歌が大好きになったし、LIVEにかける彼らの想いが伝わってきました。

PV同様にモノクロっぽい写真も、彼らの大人の男性の魅力を存分に引き出してくれる素敵な写真でした。

真剣な表情も、笑顔溢れる顔もとっても素敵ですよね。

カラーよりもモノクロの方が今回のパンフの写真としては合っているような気がします。





メンバーのインタビュー記事も、内容は少なかったかもしれないけど私には読み応えがありましたし、伝わってくる気持ちも大きかったかな。

今回のツアーに向けて、そしてリーダーの作った『PLUS』という楽曲を歌い、演奏する気持ちがとても伝わってきました。

『PLUS』についてリーダーが込めた思い、その世界を他のメンバーが全員わかっていて、それを自分たちなりに表現しようとしている、そして表現されている、というのが本当に嬉しかったです。

リーダーも語っていたのですが、「ここをこうやって歌ってほしい」「アレンジはこんな風に…」って言わなくても、ちゃんとメンバーはそれを理解していて、表現している…TOKIOがどれだけLIVEを待ち望んでいたか、そして私たちがどんなにLIVEを待っていたのかをちゃんとわかっているからこそできることなんじゃないかな、って思いました。

読んでいて、涙もろい私はやっぱりポロってきちゃうし、ウルウルきちゃいました。





私はいつもツアーパンフはLIVEが終わってから読むのですが、今回は「LIVE前に読んでおけばよかった」とちょっと後悔したんです。

だって、彼らの「想い」を知っていれば、きっともっともっとLIVEを見る気持ち、彼らの演奏を体感する想いがずっとずっと深くなった気がしたから。

雑誌やテレビでは語られない、彼らの想いがいっぱい詰まっていたし、感じられるものだったから。

写真にしてもそう。

こんなに真剣に、そして5人で『PLUS』とLIVEを作り上げてきたんだな、っていうのがわかったから。

だからこそLIVE前に読んでおきたかった。





でもね、そしたらきっとリーダー見た時からもうウルウルしてて、リーダーがかすんでたかも←リーダーしか見ていない(笑)

それぐらいLIVEに対する熱い想い、私たちへの想いがいっぱい、いっぱい詰まってました。

もうLIVEが終わって約1カ月が経とうとしているけど、今読み返してみてもあの日のLIVEが鮮明に思い出されます。

きっとこれからも、ずっと…



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

6月25日5時台、7時台2拍手、8時台、9時台、11時台とたくさんの拍手をいただき、本当にありがとうございました!!


やっぱり昼間に書いても文章がまとまんない

どれだけ私って「夜型人間」なんだ?!

そういえば、リーダーもよく夜に文章書いてたな。


リーダー目線でパンフの感想を書きたいのですが、今晩は以前の職場仲間と飲み会

だから日曜日の夜に↑については書こうと思います。

明日のお昼は…何書こうかな


またよかったら遊びに来てくださいね


HDDと雨傘
今週末はお仕事がないので、ちょっとのんびり~

ずいぶんと寝不足なので、今日はおとなしく寝ることにします

といっても、もうこんな時間ですが(笑)

そろそろ更新もお仕事も日中にシフトさせなきゃ!!と思っているので、明日…いや、今日のお昼間にでもツアーパンフのこと書こうかな?

本当は夜の方が考えもまとまるし、集中して書けるんですけどね。

というわけで、今回は雑感。






ちょっと最近忙しさにかまけてHDDの整理を怠っていたら、いつの間にやら残時間がヒトケタになってる

最近は綱渡り方式でやってたんだけど、今日はちょっと寝るまで1時間ぐらい編集してダビングしやすいようにしておこう!と思い立ち、やったのはいいけれど…


やっぱり見入ってしまうよ

特に『DASH』になるとキッチリ放送と同じ時間見てるし(笑)

しかも私のところでは土曜日に過去の放送をやってくれてるから一週間で『DASH』が2回分貯まる計算。

今日は過去の映像の石臼制作をやってたのですが、やっぱり見ちゃったよ

特にリーダーの蕎麦打ちしている時の真剣な顔に見とれて何回もリピ、リピ

そんなことやってるから1時間半かかって『DASH』1回分編集したのみ

心を鬼にして編集に徹すればいいのだろうけど、やっぱり見ちゃう

みなさんはそんなことありませんか?

何かいい知恵があったら教えてください

そんなこんなで、まだまだ綱渡りの録画が続きます(笑)





木曜日の『ゴチ12』、またまた太一くん自腹?!とドキドキしながら最後のトントンの瞬間を待っておりましたが、何とかブービーで切り抜けられてよかった

今回土壇場で釜飯を止めたのがよかったんだな、きっと。

去年は絶好調だったのに、今年は自腹額2位につけてるからとっても不安だ。

来年もゴチドルとして活躍してほしいから、頑張ってほしいよ。



ところで、いつも『ゴチ』でやる特別料理をかけたゲームなんだけど、今回は梅雨の時期というわけで傘に雨粒(の形をしたもの)をくっつけるゲームだったんだよね。

そのゲームの名前が『雨傘』ナントカ…っていうゲームだったんだけど、家族で「かかるか?TOKIOの『雨傘』!」って見てたんだけど、結局かからず。

太一くん!そこはプロデューサーさんにねじ込みましょうよ!!

今の曲じゃなくても、TOKIOの曲をかけてもらいましょうよ!!!

出演者の特権だもん、それくらいガンガン押していきましょう!!!!←気のせいか!が増えてきている(笑)

TOKIOの曲をちょこちょこでも世間に聴いてもらう機会を作りましょう、無理やりにでも!!!!!

今回なんてまさにグッドタイミングじゃないですか。

『雨傘』は楽曲もカッコイイし、日テレの『ヤスコとケンジ』の主題歌でもあったんだから問題ないはず。

この前『男子ごはん』ではケンタロウさんが下ごしらえしてる時に『見上げた流星』かけてたから、あんな感じでこれからいきましょう!!

ちょっとの機会…されど、ちりも積もれば山となる!です!!

さすがに今回は家族全員で「太一~ぃ!!」ってダメ出しでした、いきおいよく(笑)

TOKIOの広報部長!よろしくお願いします!!



昨日のケンタロウさん激写の写真、素敵でしたよ、太一くん(唐突)




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

6月24日3時台、6時台、9時台2拍手、10時台、11時台3拍手、12時台2拍手、18時台、23時台ととてもたくさんの拍手をいただき、本当にありがとうございました!!


今日もムシムシ熱帯夜

でも関係ナシに寝れそうです。

お休みなさ~い


またよかったら遊びに来てくださいね



動物たちと撮った写真を思い出す
今回は写真の技術を開発した大野弁吉さんのお話。

坂本龍馬が何十分もかけてあの写真を撮影してたのに、弁吉さんの技術を使うと10秒前後で撮れちゃうなんてすごいな

本当に人間の「考える力」って感心します。

しかも昔の人はやっぱり凄いよ!!

今私たちがこうやって便利な世の中で生活できるのも昔の方々の「知恵」が積み重なってできているんだもんね。

もちろん今もさまざまな分野で日々研究を重ねている方々はいらっしゃるのだけど、凡人である私はちょっとした生活の工夫さえ考えることができない…というか、不便さを感じるということがない

さすが凡人な私!!これじゃあ何の生活の工夫も生まれないはずだ





TOKIOの棟梁、山口くんは今回も興味津々

だけどガラスに薬液をまんべんなく、ムラなく塗る技術は相当難しいんだろうね。

あの山口くんが四苦八苦だもん。

それを昔の人は毎回手作業でやってたんだよね。

昔の人は手先が器用なんだな、って思いました。




撮れた写真はちょっとレトロな雰囲気があって、私は大好きだな

山口くんの写真も現代のものとは一味違って、味があったな。

しかもカッコイイ

あの写真、ファンならほしいんじゃないかな?なんて思いました。

そして鈴木先生の写真!

先生の風貌とあの写真のレトロ観がすごくマッチしててよかったです。

明治維新の頃のハイカラな男性を写したみたいだったよね。






今は技術が進歩して細部まで鮮明に映し出されて、手ブレも光の加減も勝手にカメラが調整してくれるし、データとして保存できるからたくさん現像できたり、加工できたりしますよね。

それも魅力的なんだけど、人の感覚で映し出される映像はその写真家にしか撮れないものだし、1枚しかない!っていうところがonly oneっていうプレミア感があります。

その一瞬の、その人だけにしか撮れない写真がこの一枚!っていうの、結構私は好きなんですよね。

しかもモノクロだから色がわからない。

風景、その人が着ている服の色…全てが。

それを一緒に見ながら「この花はね…」って会話が弾むのも楽しかったりします。

どちらかというとアナログな私、ちょっとこんな世界に憧れたりもしたりして(笑)





ところであの蛇腹の写真機見てると、『芋たこなんきん』の徳一さんを思い出しました。

あんな写真機使ってましたよね。

なんだか懐かしいな

それから『DASH』では山口くんとリーダーが手作りの写真機で動物たちと写真を撮ってましたよね。

一番覚えているのがリーダーがナマケモノと写真を撮っている姿。

確かリーダーがナマケモノと同じように木にぶら下がってたっけ。

あの映像を見ながら『ココロの日曜日』を思い出して、「今日のナマケモノは“ミツユビナマケモノ”じゃないんだ。」とか思ってたっけ。

そんなことを思いながら今回見てました。







舞台があって『DASH』でリーダーを見ることができないから、私ったら相当淋しいのかも

山口くんの番組見ながら家族に一人「リーダーが、リーダーが」と話しかけ、「これ、山口くんの番組ですけど?!」って鋭いツッコミを入れられました(笑)


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

6月23日3時台、4時台、5時台、6時台6拍手、8時台2拍手、9時台2拍手、11時台、15時台ととてもたくさんの拍手をいただき、本当にありがとうございました!!


毎日、毎日蒸し暑いですね

今もお茶を飲み飲み、汗をカキカキです(笑)

風があればずいぶん違うんだけど、この熱帯夜どうにかならんのかな??


ビタオレも東京公演、残すところあと少しになりましたね。

毎日暑いですが、リーダーはじめみなさん、くれぐれも体調にはお気をつけ下さい。


またよかったら遊びに来てくださいね



「うそ?!マジ?!」と叫んだのは私だけではないはずだ~『PLUS』PV感想~
着うたフル配信のCM見てた時から「この映像いいなCDになったらPVもできるのに…」と思ってました。

だから今回は迷うことなく、というか待ちに待っていたんですよね。





もうまず、驚きました!の一言です

『PLUS』のレコーディング風景だとばっかり思ってたのに、いきなり画面に写し出されたリーダー見たら、そりゃ誰しも驚きますって!!

「コレ、今回のLIVEの映像じゃん!!」って。

みなさんもきっとそうですよね。

本当に嬉しいサプライズでしたよね。

こんなサプライズならいつでもOKなんだけどな

大阪のLIVEでは確かに私のLIVE参加史上初!というぐらい近い席でリーダーを見ていたのですが、リーダーが見えなくってだってこの歌い出しの前から目はウルウル状態で、リーダー見えてなかったもん

ボヤ~ンってにじんでたよ、リーダー

サヨナラと手を振る~って歌い出した途端ポロッだもん。

だから「リーダーはこんな表情して歌ってたんだろうな」って想像で覚えてました(笑)

それがこの映像と全く同じ思ってたとおりの優しいリーダーの表情だった

その表情を見て、今回のLIVEがリーダーにとっても心に残るものだったんだな、って思いました。





レコーディング風景もメンバーの笑顔や真剣な表情がいっぱいあったよね。

いつもこんな雰囲気でレコーディングしてるんだな、って思いました。

特にリーダーは全員のレコーディングに立ち会っていた、って聴いてたので、リーダーのいろんな表情がたくさん見られて嬉しかったな。

このPVはリーダーファンにはたまらないPVですよね

松岡くんが「マフラー巻いてくるからプロデューサーに見えた」という姿もバッチリ収録されてましたね。

スーツ萌え&ジャケット萌えを表明している私ですが、もう一つメガネフェチでもある

特に黒縁のメガネにはメチャ弱い

『自分のために』でかけてた細い銀縁のメガネ(←上がワイヤーになってたヤツね)よりも、『ハーロー城島』でかけてたメガネの方が好きだったんですよね、私。

だからマフラー巻いて椅子に腰掛け、鉛筆でリズムを取ってるリーダーの黒縁メガネ姿にまずハートをぶち抜かれちゃいました

PV見ながら一人ハートを飛ばしまくってたと思います、夜中に(笑)

普段はいつもコンタクトだから、メガネのリーダーはメッチャ貴重

写真にしてフォトスタンド入れて机の上に置きたいぐらいになったフェチな私でした。




反対にどうしてもダメなファッションもあるんですよね。(なぜここでファッショントーク?!)

それはニット帽&ダメージジーンズ

私自身昔で言う『ハマトラ』(←古いよ、古い)のようなカッチリした服装が好きなので、どうしても男性の服装の好みもそうなるんです。

基本リーダーはテレビではそれを意識している服装なので何も考えなかったんだけど、今回のPVに白のニット帽&ダメージジーンズ履いてたじゃないですか!!

画面に出た途端に拒否反応がでるか?と思いきや「か、可愛い」と思った私。

あまり男の人に、それもいい歳した男性に「かわいい」という感想を持たないのですが、今回ばかりは思ってしまった

おめめもクリクリっとしてて、ハートぶち抜き第2弾

普段の好青年な服装じゃなくって、ギタリストって感じでしたわ、はい。

ま、冷静になって分析するとリーダーなら何でもいいのかよ?!って言われそうですが(笑)





太一くんがキーボード弾いてるのをチラ見するリーダーも大好き

山口くんと何か話して「○○」って言った直後のリーダーの表情も私の好きなリーダーだし、山口くんとハイタッチしてるリーダーも大好き

こんな表情してるリーダーはメンバーしか知らないんだよね、って思うとちょっとメンバーに焼けちゃいます

他のメンバーもそうなんだろうな。

テレビやLIVEでは見られない、メンバーだけが知っている表情っていうのがあるんだろうね。

きっとこのPVに使われていない映像にはそんなお宝がいっぱい眠っているはずだ!

それにスタッフさん目線とは違ったファン目線で「ココ!」っていうのがあるはずなんだよね。

そんなこと書いてたらPVになってない映像も見たくなってくる





LIVEリハの風景もありましたね。

リーダーが着てるヒョウ柄のジャケットは会報や大阪のFILM LIVEで着てたやつだろうな、多分。

そしてリーダーが髪を1つに結んでいる姿もお初だったよ。

メンバーの笑顔がいっぱい溢れてて、いい雰囲気でLIVEリハが進んでいたのがよくわかりますね。

この頃は『タヒチ』『松岡のぶろぐ。』そして短期連載の『PLUS』でメンバーが報告していてくれたから、その言葉と重ね合わせて見てました。

本当にメンバーがみんなこのツアーを楽しみにしていたのがよくわかる。

そしてどれだけツアーに力を入れてくれてたのかも。

それだけにメンバーも、そして私たちも心に残るLIVEになったし、「やってよかった」「LIVEをやってくれてありがとう」って思えたんだろうな。

今回のツアー、いろんなことがあったし、いろんなことを考えたけど、無事に最後までLIVEができて、そしてメンバーもファンも心から満足できたLIVEになってよかったな、って彼らの笑顔を見ていて思いました。




スタジオリハだけじゃなく、会場リハ風景やLIVE映像も入ってて、このPVメチャクチャ内容が濃い!!

リーダーのブーツにプラスくんが書いてあるところはリーダー流の遊び心なんだよね、きっと。

太一くんのメガネにもはまり(←根っからのメガネフェチ)、なにより太一くんの「違う!」っていう感じの表情で首を振る、あのカットにリーダーの「太一が一番真面目」という『はなまるカフェ』での言葉を思い出しました。

メンバー全員そうだと思うけど、「会場に来てくれたファンのみんなに少しでもいい音楽を届けたい!」っていう太一くんの気持ちが表れていたカットですよね。

だからあのカットは大好きなんですよ

LIVEへの想い、私たちへの想いがあの1カットに凝縮されてるんだもん。

そんな想いがいっぱい、そしてストレートに響いてくるいいLIVEだったな、って改めてLIVEを思い返しました。

リーダーがギター弾きながらノリノリで足でリズム取ってるのを見て長瀬くんが大笑いしてるし

ここに映ってるのはまさに『TOKIO』だね





そしてまたまたリーダーのアップ&歌声。

私個人的にはもう二度と~のフレーズのリーダーの表情が私の中でのリーダーそのものです

優しく、ステージ上から会場のファンを見ているリーダーの眼差しがこの眼差し。

どのLIVE DVD見ても、この表情が一番大好きなんです

大阪でも私のこと、こんなあったかい眼差しで見てくれたのかな?(妄想中(笑))





メンバーの演奏する姿、表情…全てが見ていて愛おしくなります。

そして改めて思う、TOKIOのファンでよかった、って。

会場で聴く歌声、音楽…全てが彼らの紡ぎ出すもの。

これこそがバンドLIVEの醍醐味なんだよね。

そんな空間にいられることの幸せを改めて感じさせてくれたのが今回の『PLUS』ツアーだった。

そして「やっぱり私にはTOKIOじゃなきゃ!TOKIOしかいない!!」って再認識しました。





この『PLUS』のPV見たら、余計にLIVE DVDを発売してほしくなりますよね。

こんなに素敵なLIVEだったんだもん、ずっと手元に置いておきたい。

残しておきたいんです、形として。

このPVに収録できたんだから、絶対に映像として残ってるはず。

そのままはもったいな過ぎます。

それに今回の震災や振替になった影響で、LIVEに参加できなかった人もいると思います。

その人たちにもTOKIOの想いを感じてほしい!と私は思います。

「たかが映像じゃない」って言うかもしれません。

もちろん実際のLIVEがいいに決まってます。

でも、TOKIOの想いは映像でも十分感じられると思うのです。

歌だけじゃなく、MCは無理かもしれないけど、彼らの最後のメッセージ…それも収録して発売してほしいですよね。

お仕事もちょっと落ち着いてきたので、今週末は私も要望書書こうっと!!

やっぱり行動しなきゃですもん!

私一人の力はちっちゃいものだけど、みんなが集まれば大きなものになるはず!!

少しでも可能性があるのなら、私は行動をしたいから。





そして『PLUS』ツアーがどれほど私たちに力を与えてくれたのか、その想いもTOKIOに届けたいから…



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

6月22日5時台、7時台、8時台、9時台、10時台、16時台、19時台、22時台、23時台とたくさんの拍手をいただき、本当にありがとうございました!!


今日コミュニティFMを車で聴いてたら森高千里さんの『気分爽快』が流れたんです。

「もしかすると…」と思いながらそのまま聴いてたら、やっぱりTOKIOの『カンパイ!』が流れました。

この曲って最初はCMからだったんですね。

その後、商品名を変えて作り直して応援歌としてシングルになったとか。

私このCM好きだったんですよね。

リーダーだったと思うのですが、いかりや長介さんと共演したりしてましたよね。

私が一番好きだったのは長瀬くんが歌って、他のメンバーが口で楽器のマネしてたあのバージョン

長瀬くんがカンパイ ラ○ー ラ○ー Yeah! って歌ってたはず。

カッコよかったですよね、TOKIO。

またこんなCM来ないかな?

そしたらバンドとしてのTOKIOの認知度もあがると思うんだけどな。



またよかったら遊びに来てくださいね



久しぶりに読む!聴く♪見る☆
終わったよ、仕事の山、山~

今回は数も多かったし、初めての内容だし、きつかったな

3日間で6時間睡眠はやっぱり身体に来ますな!(ひとごと)

評価の指針があるのですが、文章読んでるとすっごく迷います

「書いた人がどういう考えで書いたんだろう」って考え出すとそっちに気持ちが流れちゃって、客観的評価ができなくなります。

2~3枚見るとどんどん指針から離れていってるのに気づく

そこでまた指針を読み直して再開するんです。

反対に評価ばかりに目がいくと、表面の文字列だけを追ってしまって、結局言いたいことが汲み取れなかったりします。

提出前にもう一度読み直すんだけど、「どうしてこんな評価?!」って自分でもわからなくなることがある。

ほどよいバランスが自分の中で見つけられずに現在も手探り状態です

そんな感じなのですっごく時間がかかってしまうんですよね。




今日はいつもより早めに寝ましょうと思いつつも、なんだかんだで現在に至ります(笑)

ツアー前のTOKIOの怒涛の雑誌攻撃で購入していたものの、読んでなかった雑誌を読んでみたり、切り抜いてみたり。

改めて『AneCan』とか『Ray』なんてTOKIOが出なきゃ買わないよ、とか思いながら(笑)

でも、こんなに雑誌に出まくってくれたのはきっとそれだけツアーに対する意気込みがあったからなんだろうな、って改めて思いました。

切り抜きファイルも1冊めがそろそろ一杯になっていたので、2冊めを用意しなくっちゃ!!




そんなことしてたらTOKIOの音楽が聴きたくなって『glider』についていた『徒然2コード』と『城島SONG』をパソコンで聴いてました←現在ラジカセ未購入

やっぱりアコギの音はいいななんて思いながら。

リーダーのアコギの音、大好きなんだもん

LIVEで弾いていた音、一生懸命忘れないように覚えて帰ろう!って思ってたんだけど、やっぱり忘れかけてる

だから!LIVEのDVDがいるんだよな、やっぱり。

『城島SONG』もツアーのたびに歌ってるから、これだけ集めたCDがほしいくらいだもん。

1回LIVEに行ったくらいじゃ覚えられませんって!!




それからブログを書き終わったら、10周年LIVEのDVDをちょっと見ようっと

とにかくこのDVDの『LOVE YOU ONLY』のところを再生しまくっています。

「絶対にTOKIOと歌いたい!!」って切に願ってたからね。

しかもオリジナルバージョンで

今回のLIVEでそれが叶ってすっごく嬉しいよ

メチャメチャテンション上がりましたもん

できればずーっと一緒に歌ってたかったな。





今夜はTOKIO三昧

いいよね、お仕事頑張ったんだもん

明日(もう今日だけど(笑))からもまた頑張ろうっと

リーダーがもし夢に出てきてくれたら、もっと、も~っと頑張りますよ




リーダー、この続きは夢の中で(笑)



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

6月21日3時台2拍手、5時台、8時台2拍手、9時台2拍手、12時台、17時台2拍手、21時台2拍手、22日0時台、1時台ととてもたくさんの拍手をいただき、本当にありがとうございました!!


明日からやっと『PLUS』のPVについて書けそうです。

LIVEの感想もまだだしね。

書きたいことがい~っぱいあって、追いつくのが大変だ

これも嬉しい悲鳴だね


またよかったら遊びに来てくださいね


リーダーは私の『ココロの日曜日』
バイトの時間を気にしながら車を運転していたお昼、携帯から『僕の恋愛事情と台所事情』が鳴りました。

「あ!メールだ!!」

気づいたものの車を運転しているのですぐに出ることはできなかったので、とりあえず家路を急ぎました。




急いで家に帰ってお昼ご飯を食べていて思い出したんです。

「メール着てたんだっけ」

カバンから携帯を取り出し、受信メールを見るとそこには『リーダーからのお知らせ』の文字。

「『ビタオレ』の舞台のことかな?」

そう確信しながらメールをあけるといきなり『ココロの日曜日』の「どうき」の一文が目に入りました。

「???」

何のことだかさっぱりわからず、画面を下へ下へとスクロールしてみました。

リーダーの文面の半ばにあった「書籍」という文字を見てもしばし事態が飲み込めなかった私。

ポツポツとリーダーの言葉を読み進めて行って、やっとわかった、やっと実感できたんです。

『ココロの日曜日』が本になるのだということを…




リーダーに『ココロの日曜日』の感想メールを送るときには必ず書いていたんですよ。

「是非リーダーの『ココロの日曜日』を本にしてください!」と。

でもそれが現実のものになろうという時に、私は呆然となっていました。

あまりにも突然のことで、ただただビックリしていて、無反応な私。




でもね、「書籍」という文字の次の文章を読んでいると、だんだん携帯の画面がにじんで読めなくなってきました。

いつものリーダーの優しい言葉、でもリーダーの男らしさが感じられるその文章が懐かしくって、嬉しくって。

今でもリーダーの想いを読んでいると、涙がこぼれそうになります。




よかったね、リーダー。

書籍化、本当におめでとう。

シリーズ化も既に決まっているなんて、本当によかったね。

40年間リーダーが多くの方々と触れ合い、いろんなことを経験し、さまざまな想いを巡らせてきた、その結晶が本と言う結果になったんだよね。

リーダーの人生から紡ぎだされた言葉の数々がこうやって「書籍」という形になること、1人のファンとして本当によかったな、って思います。

きっと今までリーダーが一生懸命努力してきたからだよね。






こんなにも豊かな文章がリーダーから育まれるのは、きっと故郷である「奈良」という土地に息づく万葉の魂と、リーダー自身の人生の豊かさ、そして人間性の深さからだと思います。

本当の「人としての強さ」「男らしさ」を持っているからこそ、多くの人の心に響き、明日からまた前に歩く力をくれるんだろうな、と思います。

私自身、どれだけ『ココロの日曜日』に書かれているリーダーの言葉に救われただろう、背中を押してもらっただろう。

それだけでももう十分なのに、リーダーはまだ私たちに誓ってくれている。

心と愛を反映させること、感謝の気持ちを詰め込むことを。





リーダーに1つ教えちゃいますね、私が大好きな『ココロの日曜日』の言葉を。

それはね、今日のメールでリーダーが冒頭に書いた言葉。

私はこの言葉が一番大好きです。

リーダーは私をいつもホッとさせてくれる、明日からまた頑張る力を与えてくれるんだもん。

だからリーダーは私の『ココロの日曜日』なんだよ。






本当はね、昨日リーダーに逢いたくって、逢いたくって、淋しくなって、ついつい書いちゃったんですよ、リーダーへのお手紙。

それをまるで知っているかのように、こんな嬉しいニュースを教えてくれるリーダー。

やっぱりリーダーは私の『ココロの日曜日』ですね。






第1弾は「がんばる人へ。」なんですね。

せっかくのリーダーからのプレゼントだもん、受け取る私が恥ずかしくないようにまだまだ頑張るからね!!

リーダーのメッセージ、リーダーの写真…ご褒美と思って、楽しみに待ってます。






最後にもう一度…

私の大好きなリーダーへ。

『ココロの日曜日』の書籍化、本当におめでとうございます。



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

6月20日6時台、7時台、8時台3拍手、12時台、13時台、19時台、21日2時台とたくさんの拍手をいただき、本当にありがとうございました!!


『タヒチ』が書籍化された時、確かイベントありましたよね。

もし『ココロの日曜日』書籍化記念イベントあったら行きたいな。

あるかどうかわからないけど、それまで私もお仕事頑張んなきゃですね!!


またよかったら遊びに来てくださいね♪


拝啓 城島茂さま
拝啓 城島茂さま



『PLUS』ツアーが終わって、リーダーに久しぶりに逢うことができて…それからどのくらいの時間が流れたんでしょうね。

「ついこの間」と言われるかもしれないけれど、私には長い、長い時間が経った気がします。





毎日慌しく過ごしているけど、気がついたらリーダーの舞台を見に行く日になっている気がします。

でも時々ふっと息をついた時、「またリーダーに逢えるんだな」ってその日を想い、ちょっぴり幸せになったりします。

LIVEの時もそうだったけど、「リーダーに逢えるんだ」って待っているこの「時間」が一番幸せなのかもしれないね。





ちょっと淋しくなったら、大阪のLIVEで言ってくれたリーダーの言葉を今でも思い出します。

あの時のリーダーの姿と共に…

「LIVEが終わったら淋しいけど、会場の扉を出たらそれが次の旅への始まり」

マイクを握りながら、私たちに語りかけてくれたリーダーの姿、声…今でも鮮明に思い出します。

2年ぶりのツアーを待ち望み、そのツアーが終わろうとしている淋しさがこみ上げている私たちの気持ちをリーダーはステージの上から感じていたんですよね。

その想いをPLUSに変えてくれようとしているリーダーの優しさが伝わってきて、私はとっても嬉しかったんだよ。

そして「リーダーも同じ気持ちなんだろうな…」って思いました。

だからこそ、こんなに優しく語りかけてくれるんだろうな、って。

この日のリーダーの言葉、私ずっと忘れないよ。




今日がまた終わる…それはまたリーダーに逢える日が1日近づいたってこと。

その日がいつなのかわからなくても、確実に1日近づいているんだよね。

そう思って、また逢える日を楽しみに毎日頑張ろうと思います。

でもどうしても淋しくなったら…リーダーが贈ってくれた『PLUS』を聴くことにするね。

どんな季節に聴いてもこの曲が映えるように『をりふし』という言葉を使ってくれた意味がやっとわかった気がします。

一言、一言、大切に、大切に紡いでくれたこの曲、『PLUS』。

私の一番大切な曲、一番リーダーを感じられる曲になりました。




リーダーはもうおやすみになってますか?

明日も舞台ですね。

東京も雨が多い毎日でしょうか?

体調を崩しやすい季節ですよね。

きっと舞台の前にも他のお仕事が入っていたり、休演日もゆっくりと休む時間もないことだと思います。

くれぐれもお身体にはご自愛くださいね。

私もこんな遅くまでお仕事してるけど(笑)、リーダーに笑顔で逢いに行きたいから、体調には十分気をつけます。




7月6日…私の大好きなリーダーに逢えるのを楽しみにしています



                                  かしこ



追伸

 真夜中につき、乱文お許しくださいね。






★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

6月19日4時台、6時台3拍手、7時台2拍手、12時台、13時台、15時台、16時台、20時台、21時台2拍手、23時台、20日0時台5拍手ととてもたくさんの拍手をいただき、本当にありがとうございました!!


ちょっとリーダーにお手紙書きたくなって、ついつい書いちゃいました。

真夜中だもん、そんな時もあるさ。

女の子だもん(笑)


またよかったら遊びに来てくださいね




『ビタオレ』と『予感』
4ケ月ぶりの『Riding!』更新。

震災以来『タヒチ』『ココロの日曜日』『松岡のぶろぐ。』が次々と再開される中、『Rinding!』だけが更新されなくって、ちょっと心配してました。

久しぶりの更新の内容が『ビタオレ』の感想ってところが2人の絆を感じさせますね。

太一くんも松岡くんも既に見に行っているらしいのですが、感想を書いたのは山口くんが初めてですよね。

本来ならばツアーが5月上旬に終了して、5月半ばからは舞台稽古に集中できるはずだったのに、5月30日までツアーがあったので、本当にリーダーは精神的にも、肉体的にも大変だったと思います。

それをずっとそばで見てきた山口くん。

「こんな忙しい時によくやったよね。」という短い言葉にはリーダーに対する様々な想いが込められてるんでしょうね。

『はなまるカフェ』で笑いながら「台本が真っ黒になった。」と言ってましたが、15年ぶりの舞台というプレッシャー、少しでもみんなの期待に応えたいというプロ根性がその台本からは見て取れました。

あまり表に出さないリーダーの“プロ根性”をときどき『DASH』ではチラ見することがありますが、一般的なイメージではそれを感じさせませんよね。

そんなリーダーが私は凄い!と思っているところですし、尊敬しているところです。

山口くんからも「尊敬するよ。」との言葉。

誰よりも山口くんからのこの言葉、リーダーは嬉しかったに違いありませんよね。

もう長い間ずっとそばにいて、楽しいことも、辛いことも分かち合ってきた「同士」「戦友」からの最高のほめ言葉だもの。

リーダーがこの『Riding!』読んだら、男泣きしてるんじゃないかな

きっと『Rindig!』では書かれなかったことも、山口くんはリーダーに言葉にして伝えてるんだろうな。

太一くんも、松岡くんも。

最後の「シゲ!」という呼びかけ、山口くんならではの呼び方なんだろうな。

メンバーの中でも「シゲ」って呼びそうなのは山口くんだけだものね。

その呼び方に2人の共に過ごした長い時間を感じました。

「この子、ベースができる山口くんだよ。」って紹介されたんだよね。

2人で牛丼屋さんに行ったり、ステージ衣装縫ったりして過ごした時間。

デビューしてから売れなかった時代にごはん屋さんでバッタリ逢って、お酒酌み交わしながら「最近どうやろうね。」って話したともリーダーが言ってました。

“wave.166”には私たちにはわからない山口くんからリーダーへのメッセージがたくさん隠されてるんだろうな。

携帯画面を見て『Riding!』読んでるリーダーを想像しながら読んじゃいました。







6月16日の『タヒチ』。

「楽器で遊んでます。」ってキーボーの写真。

なんだかちょっと意味深じゃないですか?

ついつい「新曲?」「アルバム?」なんて想像しちゃいました。

アルバム、本当にもうずいぶん前に『Harvest』が出たっきりですよね。

「大人の事情」があるのかもしれませんが、そろそろアルバム出してほしいですよね。

何よりメンバーの作った楽曲が聴きたくてたまりません。

今は『見上げた流星』の通常盤かけたり、大好きな『LOVE YOU ONLY』をリピしまくって一緒に歌ったり…と過去のアルバムをガサゴソ探してかけてるんですが、そろそろそれも限界です

Jストに移籍した頃は「もうちょっと待ったら出るんだろうな。」って思ったりしてたんですよ。

トキステだったり、会報でのリーダーの発言だったりから一人で憶測してね(笑)

その時はまさかこんなに待つなんて思ってもみなかったよ

何度も書きますが(ひつこい)「大人の事情」があるんだろうとは思うのですが、なんとかならないものでしょうか?

メンバーもきっとアルバム出したいに決まってるって!!

せめて!せめて来年のツアー(←来年あると決めている!)ではアルバム引っさげて、っていうのをお願いします。

私はまだアルバム引っさげてのツアーに参加したことないんだもん!(『SUGER』はアルバムの位置づけではないので)

そろそろご一考をお願いします





あ!!

その前に『PLUS』ツアーのDVD化もよろしくお願いします!!


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

6月18日2時台3拍手、5時台2拍手、13時台、17時台、19時台、21時台、23時台、19日0時台ととてもたくさんの拍手をいただき、本当にありがとうございました!!


コメントレスです↓↓↓

6月18日2:38に拍手隠しコメントをくださったOさんへ。

いつもブログを読んでくださってありがとうございます!

Oさんも「ピアノ曲集」持ってるんですね。
私も『Yesterday』に挑戦しましたが撃沈です
改めてTOKIOのキーボーディスト、太一くんを尊敬しましたもん
リーダーがよく「TOKIOの音楽を牽引したのは僕は太一だと思う。」という意味がよくわかりますよね。
『はなまるカフェ』の写真でも、太一くんのピアノに向かう真摯な写真が紹介されて、リーダーも感心してましたもんね。
時には激しく、時にはノリノリで、そして時には優しい音色を奏でる太一くんのキーボード、もっともっと評価されたらいいのにな、って思いますよね。
TOKIOのメンバー全員バラエティの姿が認知されていますが、音楽面でももっともっと認知されるといろんなことができるんじゃないかな?って思うんですけどね
LIVEでそれを知っている私たちには歯がゆい限りですよね。

いつかバンドTOKIOとしてたくさんの方から評価されるようになってほしいな、って思ってます。
それまで…いやいや、これからもずーっとTOKIOを一緒に応援しましょうね!!


-------------------------------------------------

火曜日までのお仕事がメチャメチャありましてですね、今すっごくヒーヒー言ってます

ちょっとプレッシャーに潰されそうですが、せっかく任されたんだもん!

私もリーダーに負けないように頑張んなくっちゃ



またよかったら遊びに来てくださいね



『見上げた流星』PV感想
PVのコンセプトみたいに、5人の映像がきれいですね

そして5人が輪になって演奏し、歌ってるところがいいな

LIVEでもよくそれぞれが顔を見合わせて、目配せして合図してるじゃないですか。

その姿を見るのって、私大好きなんですよね。

PVだからそんな風景は見られないんだけど、それを思い出させてくれるようでいいな、って思っちゃいました。

何より輪=和じゃないですか!!

TOKIOの仲のよさ、メンバーの信頼、そして「絆」を表してるよ、って思いました。




メンバーのここぞ!ってショットも満載でしたよね。

私のチェックポイントは松岡くんがスティックをクルクルまわしているところ。

PVでも回しちゃうのねって思っちゃって、ちょっと顔が緩みました




リーダーのあのド派手なジャケット、あれは確かにリーダーじゃないと着こなせないかも。

他のメンバーが着ている風景は私には全く思い浮かびません

だけど、リーダーが着ると似合っちゃうんだな、これが。

さすがジャケット王子だな←『はなまるカフェ』参照

私がただのジャケットフェチってのもありますけどね(笑)

そういえば、リーダー個人もストライプのジャケット持ってたっけ←『はなまるカフェ』参照

だからこその着こなしなのかも




メイキングでの太一くんの「次の新曲で逢おう!」は、今年まだまだ新曲期待しちゃっていい、ってことですよね。

個人的には新曲よりも「アルバムを!!」って懇願したいところですけど、新曲もやっぱり聴きたいな。

年末の紅白の時に「どの曲歌うんだろう?」って想像したいもん!←私の中では紅白確定です!!

太一くんがグランドピアノ弾いてると、いつも思うことがあるんです。

TOKIOのバラードを太一くんのピアノで弾いたインストゥルメンタルのCDがほしいな、って。

紅茶でも飲みながらちょっとお仕事の休憩に聴きたいんですよね、そのCDを。

農業も炭焼きもするあの男っぽい手から紡ぎだされる繊細なピアノの音が私は大好き

実はTOKIOのピアノ曲全集みたいなのを買ってまして、弾いてみるのですがなかなか上手く弾けないし、太一くんのような音は出ないんですよね。

私、女なのに

もうね、『ラン・フリー』聴いた時には鳥肌立ちましたよ。

いつかはそんなCDもリリースされればいいな、って思いました。





リーダーが松岡くんの写真をデジカメで撮ってたけど、あれは個人の記念でしょうか?

それとも『はなまる』用だったのかな?

結構な枚数撮ってましたよね。

もしあれがリーダーの個人用ならば「どれだけ松岡くんが好きなんだ?!」ってヤキモチ焼きたくなりますよ、ホント







でもね、いつも新曲のPV見ると思うのですが、そろそろまた松岡監督のPV見たくないですか?

私は見たくって、見たくって仕方ないんです。

なんてったって、メンバーの表情がいいもん

自然だし、何より松岡くんがメンバーの一番カッコイイところを知ってるから。

5人揃ったらあんな感じでワイワイ言ってるんだろうな、っていつも思います。

やっぱりメンバー目線ってファンにはたまらないですよね。

『FILM LIVE』の時も、長瀬くんの編集はファンのツボを知り尽くしてる、っていう編集だったよね。

リーダーのギターを弾く指先なんてLIVEでは見られないもん。

「騒いではいけない!」と言われてたけど、心の中は「キャーキャー」言ってたもん。

「きっとこの映像、ファンは見たいだろうな。」って思って編集してくれてたんだな、って感じました。

松岡くんもそうなんだよね。

ファン目線のPVなんだもん。

松岡監督のPVって『本日、未熟者』が最後だったかな?

Jストさん、そろそろ松岡監督の復帰をお願いします


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

6月17日7時台2拍手、8時台、10時台、11時台6拍手、12時台、13時台、21時台2拍手、22時台2拍手ととてもたくさんの拍手をいただき、本当にありがとうございました!!


ここんところ本当によく雨が降ります

そんな日は『雨傘』が聴きたくなりますね。

まさにバンドっていう曲だと思います、『雨傘』。

LIVEでも聴いたけど、またまた早く生で聴きたくなっちゃいます(笑)

『PLUS』ツアーがステキすぎて、もう2年ごとなんて待てないよ



拍手が遂に6000を超えました

本当にありがとうございます

皆さんの温かい拍手に励まされて、毎日更新することが出来ています。

これからもつたないブログですが、TOKIO愛とリーダー愛をいっぱい語っていきたいと思います。

これからもどうぞよろしくお願いします


またよかったら遊びに来てくださいね


山口くんと長瀬くん
あ~眠い

ここんところ何日もお仕事が忙しくって毎日3時間睡眠だったので、そろそろ体力の限界です

もうこんな時間だけど(笑)今日はかる~い小ネタを書くことにします。

でもね、今日私がすっごく嬉しかったことなんですよ。

ちなみに今日の記事のタイトルは今度リーダーがMCをする『デジタルくんとアナログさん』をもじってみました←お前はモジリストかっ?!

ええ、私の地域で見られませんけど





今日『モーニングバード』を何気なくつけていました。

その中のコーナーで活躍する女性にスポットライトをあてる『Aウーマン』というコーナーがあって、今日は女子レスリングの吉田沙保里選手が出演されてました。

その中で「結婚するなら芸能人でいうと誰がいいですか?」と聞かれ、吉田選手はすかさず「TOKIOの山口さんですね。」と答えてました

理由もちゃんと言ってらっしゃって「優しいし、器用だし、頼りがいがあるし、子供が好きそうだし、スポーツができる」だそうです。

うん、よくわかってらっしゃる

山口くんってまさにそうですよね。

でまた、その時にワイプで出てた山口くんの写真がカッコよかったんですよ

ジャケ写じゃないと思うのですが、ちょっと私もキュンとなっちゃいました(リーダーごめんなさい

その後「恋人なら嵐の桜井翔くんです。」と言っておられましたが、そこは聞かなかったことにします(笑)

何となく「結婚するなら」のくだりから「TOKIOの誰かじゃない?」って予感がしてたので、集中して聞いてたんですよ。

これぞ女のカンだな!





それから今日“Johnny's web”の東山さんの『T.M?∞!』を見てたら長瀬くんのことが書いてありました。

vol.283のQ.4に「東山さんが感じるジャニーズで一番歌がうまいと思う人は誰ですか?」という質問に対して、東山さんは「長瀬はいいよね、あいつが一番うまいんじゃないかな?」と答えてらっしゃいます。

TOKIOの、私たちのボーカルである長瀬くんが事務所の先輩に評価されてるのって嬉しくないですか?

私はすごく嬉しくって、思わず携帯の画面に向かって「東山さん、ありがとうございます!!」ってお礼言っちゃいました(笑)

他のメンバーがカップリングやアルバムでボーカルをとることがあっても、私の中ではTOKIOのボーカルはやっぱり長瀬くん。

他のメンバーもそうだけど、ギターはリーダーベースは山口くんキーボードは太一くんドラムは松岡くん、というようにボーカルは長瀬くんなんだよね。

それがTOKIOだし、このTOKIOで紡ぎだされる音が、歌が大好きなんだもん

その私が誇るボーカルをこんなにも評価してくださるなんて、そりゃあメッチャ嬉しいに決まってる!

しかも同じ事務所の先輩だからなおさらだ。

東山さん、本当にありがとうございます!!


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆

6月16日2時台3拍手、10時台、11時台、12時台2拍手、17時台、21時台、23時台、17日2時台ととてもたくさんの拍手をいただき、本当にありがとうございました!!


明日は…いや、もう今日だ!!

PVのことを書こう。

で、もう今日は寝よう(結構遅い時間だけど(笑))


またよかったら遊びに来てくださいね


TOKIOの元気が届きますように…
ここんところお仕事が忙しくって、『フードアクションニッポン』のサイトに行っていなかったんです。

そしたらいつの間にやらTOKIOのCM動画がUPされてました

やっと見られた、TOKIOの食べっぷり、メンバーの笑顔

メンバー個々のCMも好きだけど、やっぱり5人揃ってのCMが私は一番好きだな

笑顔も素敵

そして何より食べっぷりが素晴らしい

こんな夜中に見ても、ちょっとおにぎりが食べたくなったりする。

リーダーが食べてるからじゃないですよ!

私、無類のおにぎり好きなんです

特にリーダーが食べているように白米のみで具が入っていない、いわゆる『塩むすび』ってやつが大好き。

しかもコンビニで売っているようなんじゃなく、人の手で握ったフワッフワなおにぎりが大好きなんです。

もしも願いが叶うなら、その1つに「リーダーの握ったおにぎりが食べたい」というのがあるくらい、おにぎりが大好きです!!

おにぎりを美味しそうに食べるリーダー見てたら何年か前の「ごはん推進委員会」を思い出しちゃった(笑)

そういえば、あのポスター明雄さんちに大事に飾ってありましたよね…今もこのポスターは主である明雄さんの帰りを待ってるんだろうな

アスパラも「ポリッ」って音させて食べてたリーダー。

あの笑顔は村で野菜をいとおしそうに見つめてるリーダーの顔そのままだった。


松岡くんも「ポリッ」っていい音させてきゅうり食べてる。

きゅうりに味噌って最高のおつまみにだよ。

トマトも美味しそうだね。

夏野菜担当なんだ、松岡くんは。


長瀬くんのりんごも真っ赤で美味しそうだ

すいかも種関係ない!って感じでかぶりつき

肉食系の長瀬くんが果物担当なんてちょっとビックリ


太一くんは白桃食べて、牛乳も美味しそうに飲んでるよ。

私のところも白桃は名産品です。

これからの桃は果汁も多くって最高ですよね。

太一くんのあの顔、とってもよくわかります。


山口くんとバーベキューの串、すっごく似合う(笑)

しかもテレビ栄えするように肉がおっきい

あれは一口では無理だな。

カツオも新鮮でおいしそうだ。


メンバー全員村で野菜を育て、収穫する喜び、そして自然の恵みに感謝して食すということがよくわかってるからの笑顔なんだろうな、って見ながら思いました。

食べながら村の話題もきっと出たんだろうね。

「今頃はもう男米の苗、植えてたよな~」とかって。

きゅうりも、トマトも作ってたよな、なんて話も出てたんだろうな、きっと。




撮影エピソードを読むと、ホントTOKIOらしい、って思いました。

焼き肉大好きな長瀬くんがお肉を食べれないってしって本気で落ち込んでるのなんて、長瀬くんらしいな、って思っちゃいました。

それ以上に「やっぱり」と思ったエピソードはですね、「台詞の収録では、言い始めがちょっとだけ遅れた城島さんに、他のメンバーが一斉に笑いながら突っ込みを入れる」というくだり。

それ書いちゃうんだ

もう私たちファンなら「やっちまいましたか」と言うぐらい予想がつく出来事ですよね。

「遅れた」のか「噛んだのか」…本当は噛んだんじゃない?と疑っている私。

ま、そのおかげで和気あいあいと場が和み、撮影もスムーズにいった、といい方向に解釈しておきます(笑)

だって「リーダーの城島さんを中心に、微笑ましくもにぎやかで」って書いてあるもん!

やっぱり、リーダーがいつものリーダーじゃなきゃこうはいかないもんね(ポジティブシンキング)

スタッフさんからも好印象みたいで、ファンとしても嬉しい限りです。

やっぱり5人のチームワークは健在だ!!

特に今回はLIVEも成功したし、改めてメンバー、スタッフの方々、そしてファンとの絆を感じたLIVEだったから、余計に雰囲気もよかったんじゃないかな?




あとは全国のテレビで放送されれば言うことなし!なんだけどな。

日本全体で「食べて応援!」しなくちゃですもんね。

そしてTOKIOの笑顔と元気が全国のお茶の間に流れて、少しでも日本が元気になればいいな、って思います。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆

6月15日3時台2拍手、7時台、8時台2拍手、11時台、12時台2拍手、13時台、16時台2拍手、18時台、20時台3拍手、22時台3拍手、16日2時台2拍手ととてもたくさんの拍手をいただき、本当にありがとうございました!!


昨日15日はビタオレ休演日でしたね。

きっとリーダーはゆっくりする間もなく、他のお仕事をこなしてるんだろうな。

リーダー、少しでも休める時は身体を休めてくださいね

だって千秋楽、笑顔のリーダーに逢いたいもん


またよかったら遊びに来てくださいね


久しぶりに聞いた山口くんの「あの声」
とても楽しみにしている『直伝 和の極意』。

25分間の放送があっという間で短く感じるくらい、私の興味を存分にひきつけている番組です。

こんな素敵な番組に出逢うことができたのも山口くんが出演しているから。

他の方だったらきっと「見よう!」という以前に全然情報がなかったと思います。

そんなにEテレ見る方じゃないからね。

TOKIOが好きで、こうやっていろいろな世界を見させてもらえるのって本当に嬉しいな、って思う瞬間でした。




DASH村でもモノづくりではピカイチの棟梁、山口くん。

今回の虫歯車の仕組みはダンボールで作ってたけど、黙々とモノづくりしている姿を久しぶりに見ました。

でもやっぱり山口くんには木(木材)と対話しながらモノづくりしている方が似合う気がします。

作り終わった後「うぉ~い!!」という声、久しぶりに聞いた気がします。

村で何か完成したら必ず言っていた、この「うぉ~い!!」が聞けなくなってもうどれくらい経つんだろう…

暦で見ると3カ月なのだけど、私にはもっと、もっと長く感じられる時間です。

また、いつか、山口くんのこの声が村に、里山に響くことを念じてやみません。





田中久重さんの万年時計、山口くんも言っていたけどやっぱりレプリカ(複製)はレプリカ。

どんなに同じように作っても、たたずまい、風格はやっぱり本物には敵いませんね。

年数を経た、ということではなく、本物の放つオーラとでもいうのでしょうか。

これは誰をもってしても復元できないものですね。

私は歴史の中でも仏像が大好きで、近年は飛鳥時代の仏像にとても惹かれます。

飛鳥寺の飛鳥大仏を見た時、その荘厳さ、圧倒的な風格に圧倒されてしまいました。

「作られた時から現在までずっとここに座っていらっしゃる」というお寺の方の説明に、「なるほど」と納得したものです。

その大仏は仏像には本当に珍しく、写真撮影OKなんですよ。

木造で作られた、もう古い大仏なのですが、私にはまさに輝きを放つ大仏に見えました。

中宮寺や京都・太秦にある広隆寺の半跏思惟像(一般的には「弥勒菩薩」と言います)も大好きな仏像の一つ。

仏像を見ながら1時間以上もぼーっとつったってた記憶があります(笑)

本物には作者の「想い」が込められているんですよね。

その「想い」が見ているものに訴えかけてくるんです。

きっと山口くんも田中久重さんの万年時計からその「想い」を感じとったんじゃないかな。





この番組での先人の技術、知恵は山口くんにとってきっと興味深いものだろうね。

だってDASH村の棟梁だもん!

きっとこんな風に思ってるんだろうな、「村に帰ったら○○作ろう」って。

いつかこの番組で学んだことが活きる日がくることを祈りつつ…





鈴木先生がおっしゃっていた「人間が使いやすいように、と考えることから様々な技術が生まれてきた」という話、本当にそのとおりだと思います。

別の番組では動物達にとって寝るという行為は非常に危険なものだけど、人間は安全に睡眠がとれるように工夫してきた、と言っていました。

パスカルも言ってたな、「人間は考える葦である」って。

素晴らしい知恵と工夫で発展してきた日本。

先人のその志を私たちも忘れず、日本の復興に微力ながら自分のできることをやっていきたいな、と思いました。





次回は写真機なんですね。

そういや、以前DASHでもダンボールか何かで簡易の写真機作って撮ってましたよね。

動物とだったっけ?

リーダーと山口くんがやっていたような記憶があります。

ふと考えてみると、この番組って結構DASHと似たようなところがあるな、なんて思っちゃった私です。




仏像について語ってて、リーダーも奈良の仏像を見て歩くなんてどうですか?

『ブラしげる』とか『ジョー散歩』とか(笑)

いつでも企画提供しますよ、私!



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆

6月14日7時台、12時台、14時台3拍手、23時台、15日0時台2拍手とたくさんの拍手をいただき、本当にありがとうございました!!


次回は新曲のPV書こうかな。

でも『PLUS』のPV、語りだすと長くなりそうだな。

仕方ないよ、このPVすっごくいいんだもん

存分に書きましょう、っと


またよかったら遊びに来てくださいね


この音!この音色!!~新曲感想『見上げた流星』リーダーギター編~
だいたいのとりかかりが遅い!!

グダグダ、ダラダラしてこの時間です

こんな時間からでもリーダーのことを書く私。

まさにリーダーファンらしい←自画自賛(笑)

でも今日は短いですよ、きっと←ホントか?!(ノリツッコミ?!)





昔、電子音の楽器…エレキギターとかキーボードとか、誰が弾いても同じ音なんじゃない?って思ってました。

ピアノは弾く人によって、その人の感情によって音がすごく違うのはわかっていました。

自分もさぼりながらもピアノやってたからね。

でも、電子音なんだから!という大きなくくりで見てたんですよね、昔は。

だけどTOKIOに出逢って、TOKIOが好きになって電子音であれ、なんであれ弾く人によって、その人の感情によってやっぱり楽器はどれも音が違うんだ、ということを知りました。




私がTOKIOと同じく地元に来たら必ず行くアーティストのLIVEがあります。

それはBEGINさん。

彼らも結成以来3人で、メンバーを代えることなくバンドを続けているグループです。

TOKIOと一緒ですね、そんなところ。

彼らの音楽も私は大好きなのですが、やっぱりTOKIOとは違うんですよね、音が。

それは曲調だとか、構成メンバーだとか、楽器のメーカーだとか…そういうことではなく、ギターの音1つとってもBEGINの島袋さんの音とリーダーの音は全然違う。

やっぱり楽器って奏でる人によってこんなにも違うんだ、といつも思います。




じゃあ、リーダーのギターのどこが好きなのか?

実はよくわからないんです

もともとテクニックがどうとか、奏法がどうとか、そんな専門的な知識もないし、わからないのですが、そういうことじゃなくて、自分の感情が説明できないんですよ。

それは「リーダーのどこが好き?」って聞かれても同じなんだけど、「好きは好き」としか説明できません。

以前の記事で「私の心がTOKIOの音を欲している」的な内容を書いたと思いますが、そういうことなのです。

感覚というか、気持ちというか…リーダーのギターじゃなきゃココロがウキウキしないし、きゅ~んってならない。

私のハートをわしづかみにしちゃうギターはリーダーのギターしかないんです。

だからいつもCDに入っている“Backing Track”も、リーダーのギターを聴きたいがためによく聴いています。

これってTOKIOファンだからこその醍醐味ですよね。

歌も、音もTOKIOだもん、本当に贅沢な楽しみ方ができる

リーダーのギターは私の大好きな音なんです

それ意外説明のしようがない。






今回の『見上げた流星』もリーダーのギターのいろんな音色が聴けてとっても嬉しかったです

冒頭のきゅーんという音色でもうすでにココロを持っていかれちゃいます。

澄んだ夜空に弧を描くようなギターの音色に始まり、時には繊細な音、そして終盤の「ひとりひとりが手を取り合って 大きな星座になるから」というところの力強い音色。

まさにリーダーのいろんな魅力がギターの音となって表されていて、それが私にはたまらないんです

実際のLIVEではその場の雰囲気もPLUSされて、もっともっと良くなっていくんですよね。





LIVEに行って、リーダーのギターの音に合わせてTOKIOの歌を歌うのが私は大好き

その時は完全にリーダーと私だけの世界です(笑)

ただじっくりと聴きたい曲、今回であれば『-遥か-』であったり『PLUS』であったり(大阪では『見上げた流星』はなかったので)は心地よいリーダーのギターの音色に身を任せてゆったりと聴かせてもらいます。

きっと『見上げた流星』もLIVEで聴く時はリーダーの歌声と共にギターの音色も聞き漏らさないようにしながら、一方では気持ちをふっと軽くして音色に身を任せていることでしょう。

ツアーが終わったばかりだけど、やっぱり早くリーダーのギターの音色が聴きたいな


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆

6月13日8時台4拍手、11時台、13時台とたくさんの拍手をいただき、本当にありがとうございました!!


『PLUS』ツアーのDVD発売についてみなさんいろいろ動かれているようですね。

私もダメもとで要望を送ってみようと思っています。

Jストさん、困っているなら私でよければボランティアで制作手伝いますよ!

茂のためなら(笑)

とりあえず今週のピークを乗り切らなくちゃ!!


またよかったら遊びに来てくださいね


リーダーのキーワード~『見上げた流星』リーダーボーカル編~
今回の新曲感想はリーダーについてのみ書こうと思います…ってか、書きます!!

まあ、いつもリーダーについては勝手な想いをダラダラと書いているわけですが(笑)、やっぱり今回も書かずにはいられない!というわけです。

どんだけリーダーのことが好きなんだ、私

それでは私の個人的感想をツラツラと毎度のことながら書いてみたいと思います。





『見上げた流星』を私がフルで聴く前から、他の方のブログなどで「リーダーが2番を歌ってる」と聴いていたので、楽しみにしていました。

そうそう、リーダーのお母様も「サビは長瀬くんのほうがええでぇ~」って言ってたっけ

長瀬くんのボーカルも私は大好き

TOKIOのメインボーカルはやっぱり長瀬くんしかいない!と思っています。

リーダーには「TOKIOのギタリスト」という称号を与えているのです、これまた勝手に(笑)

だけど、たまには長瀬くん以外のメンバーが歌う、っていうのも新鮮でいいな、とも思っています。

ま、なんだかんだで「TOKIOの曲が好き」っていうわけです。





歌詞を見て1番が長瀬くんで、2番がリーダーっていうのに納得。

それぞれの声、雰囲気と歌詞が合っている気がします。

長瀬くんの優しい声の中にも男っぽさを感じるのと違い、リーダーの声には年齢を重ねた懐の深さを感じます。

受け止めてくれる、というか、安心して胸の中に飛び込める、っていうか。

「今出逢えた その意味を確かめて」という歌詞、リーダーがよく言う「必然」っていう言葉がいつも浮かびます。

そして「旅路の果てに掴めるものが きっとあると信じてるから」という言葉でも、リーダーのキーワードが浮かんできます。

「旅」というキーワードにはLIVE。

これは大阪LIVEでリーダーが言っていた言葉から。

他にも『suger』ツアーでも「旅に出る」って言ってましたよね。

LIVEをやって、TOKIOが、リーダーが掴めるものって何だろう?

それはきっと「やっぱり音楽が好き!LIVEが好き!!」っていうTOKIOの原点の再確認と「僕らはこのファンに支えられているんやな。」という感謝の気持ちなんじゃないかな?

前に書いた感想に、『見上げた流星』はファンへの想いがある、と書いたと思うのですが、私にはこんなキーワードが浮かんでくるからなのかもしれませんね。





一箇所だけリーダーが歌ってる、という自信がなかったところがあります。

それは「共にいる この瞬間を いつの日も噛み締めているよ」というところ。

聴きながら「リーダーだと思うけど…」と自信がなかったんです。

私の引き出しの「リーダーの声」にはなかった声だったから。

「噛み締めて」の「か」でやっと「あ!リーダーだ、やっぱり」って思った次第です。

リーダーファンならきっとすぐわかりますよね。

ああ、私ったらちょっとダメダメです

でも「共に」という歌詞に、LIVEの終わりに映し出された「共に… TOKIO」というスクリーンを思い出しました。

短い言葉だけど、この「共に…」に込められた想いは計り知れないものがある。

『Marching J』の映像の後だから震災にあわれた方々への想いはもちろんだけど、それ以外にもたくさんの想いが私には感じられました。

「…」が受け取った人、読んだ人の想像に任されてるんだろうな、と思います。

そんなメッセージを書くのはリーダーしかいない!と勝手に私は思ってるのですが。

あの想いとこの歌詞が重なって、私の胸にさまざまな想いが浮かんできます。





松岡くんは歌っていないけど、4人がボーカルやコーラスで歌うことによって星座を表している気がします。

空に輝く星は1つ1つなんだけど、それを人が線で繋いで「星座」という意味を持たせていますよね。

この曲もメンバーがそれぞれボーカルをとることによって想いのバトンを次々に渡していく。

そしてそれがTOKIOという星座となって私たちに輝いている気がします。

松岡くんは歌っていなくても、4人をいつも後からじっと見守ってくれているからちゃんと想いは繋がっている。

だからこの曲は長瀬くん以外のメンバーが歌う意味がちゃんとある気がするし、歌ったことによってより想いが込められている曲に仕上がったと私は思っています。




武道館のLIVEではこの曲の時に星が降り注いだ、と聞きました。

きっといつもTOKIOからの想いは私たちに降り注いでいるんだろうな。

私はいっぱいリーダーからの愛を受け取ってる

リーダーの歌声を聴くとそんな錯覚(?!)に陥っちゃいます。

LIVEでリーダーをじっと見つめながら聴くことができたら、どんなに幸せだろう…

その日が早くくればいいな、って思っています。



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

6月12日2時台、3時台、8時台、9時台、10時台3拍手、15時台、20時台、21時台、22時台ととてもたくさんの拍手をいただき、本当にありがとうございました!!


お仕事が終わるのが遅かったのもあるのですが、やっぱりリーダーについて書き出したら長いな、私

本当はリーダーのギターについても書こう!と思ってたのですが、さすがにギブアップだ

リーダーのギターについては次回に持ち越します


またよかったら遊びに来てくださいね


リーダーのラジオが聴きたい!
来週は4本のお仕事が走る非常に多忙な週となります

今日ちょこっとお仕事するか、新曲の感想をブログに書くか…ちょっと悩んだのですが、1枚でも多くお仕事の書類を仕上げて明日できたら1本返却したいな、と考えているので、今夜はお仕事をとることにします。

その分、明日時間をとって『見上げた流星』の感想の続きを書きたいな、って思っています。




家でお仕事したり(←する人いるのかな?)、作業をする時ってみなさんはCDを聴きながらやる派ですか?

実は私は絶対にCDを書けない派です。

これには理由がありまして、CDをかけるとついつい一緒に歌ってしまうんですよね

以前会社で働いていた時も結構込み入った仕事や考えながらする仕事、電卓を叩きまくって数字をはじき出す仕事などをやっていましたが、そんな時にCDかけると歌に気がいっちゃうし、どうも集中できないんですよね。

だからだいたいは仕事をする時は無音な状態なのですが、それでもちょっと音がほしい時はラジオを聴くことにしています。

ラジオだと全然音が邪魔にならないんです。

以前は土曜日の夜部屋にこもって仕事している時によく『TOKIOナイトクラブ』聴いてました。

あの頃は長瀬くんと松岡くんがパーソナリティを務めていたからずいぶん前になりますね。

長瀬くんが『グルメファイター』かけてくれてたのをなぜか覚えてる(笑)

すごく懐かしいです。

あの頃は22:00からやってたっけ、『TOKIOナイトクラブ』。





太一くんの『Radio Box』は金曜日でも19:00からだからいつも帰りの車の中で聴いてたな。

つまり一週遅れで放送されていたことになります。

あのラジオ、結構私のツボに入ることが多くって、運転しながらゲラゲラ笑ってたっけ

ときどきまったりした空気も流れたりして、それがまたあのラジオの魅力だったな。

今は全国放送と同じ時間に放送されているのですが、我が家は山のそばなので入らないんですよ、電波

地元のFM局がやってるのにね

だから聴くこともなくなっちゃいました





リーダーの『ごちゃ・まぜっ!』も同様に車で走ってるとすっごく綺麗に聴こえるのですが、家では全然

聴きたくてもさすがに深夜毎週、毎週車で出かけるわけにも行かず、あきらめムードです。





それでも先日リーダーのラジオが聴きたくなって、『どっち派?!』の過去のON AIRを録音していたテープを持ち出して、仕事しながら聴いてました。

地元の放送局で放送されるまではさすがにTBSラジオの電波は悪かったので録音していないのですが、地元で放送されるようになってからは結構録音してたんですよね。

この前はお正月に放送された『BACK BARスペシャル』を聴いてました。

真面目に語るリーダーの声が懐かしくって、BARのうんちくを語ってる声についつい手を止めて耳を傾けちゃいました。

ゲストやその週のテーマによって、リーダーが子供のようにはしゃいだり、深く語ったり…と、私にとってはリーダーの一面が見れるとっても好きだった番組でした。

メールもたくさん読んでもらったし、何より最終回の最後に読まれたメールが私のものだったので、とっても嬉しかったな。

またこんなラジオ、リーダーやってくれないかな?なんて思ってるんです。

なかなかリーダーが自分の考えを深く語ることなんてないと思いませんか?

もちろん『どっち派?!』でも毎週そうだとは限らないのですが、時に生い立ちだったり、今の自分の考えだったりを語ってくれることが、リーダーの根幹に触れることができてとても貴重だったんですよね。

今はレギュラーも増えたし、ラジオ1本を週イチで持つのは難しいのかもしれませんが、是非ゆとりができたらもう一度『どっち派?!』のような番組を持ってもらいたいな、って思っています。




そういえばまだまだレポしていない回もあるんですよね。

で、『どっち派?!』のシメもしてないし

何とかお仕事のリズムをつけて、ブログでもどんどん書きたいこと書いてって、レポもしなくちゃですね!




しかし…

今さら読みたい人いるかな??



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

6月11日2時台2拍手、3時台、14時台、20時台、22時台、12日0時台3拍手、1時台ととてもたくさんの拍手をいただき、本当にありがとうございました!!



今日疲れてて、夕方ウトウトしてたんですよ、ソファーで

ふとどこからか懐かしい曲が聴こえてきて目が覚めました

その曲は『見上げた流星』でした

CS放送を見ていた家族がいろんなアーティストの方のPVを流している番組(←「番組名は?」と聞いたら「わからん!」と言われてしまいました(笑))だったんです。

ジャニーズ特集とか、TOKIO特集じゃなく、TOKIOの次は韓流アーティストの方だったからいろんなジャンルの方々のPVだけを流していた番組です。

TOKIOファンじゃない方もきっと見ているはず!

そんな方がTOKIOの『見上げた流星』のPVを見てくれて、「TOKIOっていい曲歌ってるじゃん!」って思ってくれたら嬉しいな

TOKIOって農業もできるアイドルだけど、アーティストな面も少しずつ認知・評価されたらいいな、って思いました←寝ぼけた頭で(笑)


またよかったら遊びに来てくださいね



♪夏の元気なご挨拶~♪動画UP!!
日清オイリオのサイトに「夏の元気なご挨拶」CM動画がUPされてます

http://www.nisshin-oillio.com/cm/cm/index.shtml(PCサイトに飛びます)

今回はちょっと今までのCMと違うんですよね。

ここからはネタバレありなんで、「CMを見るまでは内容を見たくな~い」って方はご遠慮くださいね


CMの感想を書く、その前に…

6月10日5時台6拍手、6時台4拍手、9時台2拍手、10時台、12時台4拍手、13時台、18時台2拍手、20時台、21時台ととてもたくさんの拍手をいただき、本当にありがとうございました!!




そのCMの内容はですね…




続きを読む

MGA40、それぞれのお仕事
『DASH』の企画で一度だけあった“ハートビートスパイ”、結構気に入ってます。

あれから続編がないのでちょっと淋しかったりします。

しかもリーダー、山口くん、太一くんをMGA40(まだまだ頑張るAround40)と呼んじゃうところがまたまたお気に入り

今回はこの3人のお仕事についてちょこっと語ってみたいと思います。




トップバッターは太一くん。

先日放送のあった『夢のタクトを振る日』、クラシックなんて高校の音楽の時間(←私の選択は音楽でした)以来ってぐらいなじみのない私ですが、結構引き込まれちゃいました。

佐渡さんの小学校の卒業文集に書いた夢が叶うなんて、すごいことだよね。

私が小学校の文集に書いた内容で覚えていることなんて、「好きな言葉」で「河童の川流れ」って書いたのとはワケが違うよ!←当たり前

そして佐渡さんの迫力ある指揮に1時間圧倒されっぱなしでした。

一番興味深かったのは、佐渡さんの指揮で太一くんが『運命』をピアノで弾くシーン。

太一くんも驚いてたけど、私もまさか『運命』が休符から始まるなんて知らなかったよ

その休符が『運命』という曲に強いインパクトを与えてるんだね。

休符があることで指揮を工夫されている佐渡さん。

佐渡さんの指揮なら私もなんだかさわりだけ弾ける気がしてきたよ、『運命』(笑)

太一くんも佐渡さんの指揮に感心してましたもんね。

実際太一くんが指揮をした時それを実感していたし。



佐渡さんはクラシック、太一くんはバンドとジャンルは違うけど、同じ音楽を愛する者同士。

きっと刺激を受けたんじゃないかな?

なかなかお仕事じゃないとご一緒することがない方とこうやってお仕事させていただいて、そしていい刺激と新しい驚きを覚えるなんて本当に素晴らしいこと。

これからの太一くんの音楽活動にもきっとPLUSになるはずだ。

お堅い印象のあるクラシック音楽ですが、時間にゆとりができて地元にくることがあったらちょっとおしゃれして聴きに行ってみたいな、って思いました。

太一くんのおかげでクラシックが身近に感じましたよ。

スーツを着て、ネクタイを締めて…ちょっとかしこまった太一くんを『すぽると!』以外で見るのも新鮮でした






お次は山口くんの『直伝 和の極意』です。

ちょっとお高めのテキストも買って準備していたのですが、テキストなくても十分楽しめたし、興味深い30分でした。

今回と次回取り上げられる田中久重さんって私はちょっと存じ上げなかったのですが、お茶を運ぶからくり人形は見たことがあります。

「どうやって動いてるんだろう?」という疑問をずーっと持っていたのですが、そのからくりを見せて解説してくださって、改めて「日本の技術ってすごいな!」と感動

もともと日本が大好きで、日本の歴史が大好きな私には30分があっという間でした。

DASH村では“棟梁”の山口くんもすっごく興味心身だった。

海外にもひけをとらないくらい素晴らしいものがあるけど、やっぱり私は日本人!

日本のものに興味を惹かれるし、何より感動しました。

この番組、実は見る予定なかったんですが高校の頃から興味があった関孝和や伊能忠敬、華岡青洲を取り上げるのを知って、「じゃあ最初っから見てみるか。」と思ってみていたんです。

いや~見てよかった!

講師の鈴木先生もわかりやすく解説してくださるので、かたく考えることなくすっと頭に入ってきます。

サイトを見ると山口くんは「生徒」って位置づけなんですね

そしてプロフィールに「手先が器用で、モノ作りは大得意」って書かれてました。

棟梁の血が騒いでいるかも?!

日本の素晴らしさを改めて教えてもらいました。

次回の放送が待ち遠しくてたまりません!!







そして最後はもちろんリーダー

今はビタオレの舞台で忙しくされてますが、私が是非ともやっていただきたい企画があるんですよ。

それは「万葉の里を訪ねる」というもの。

リーダーの故郷である奈良の明日香地方などを訪ねて、万葉集に詠まれた歌を訪ねて作者の心情を読み解いていく、みたいな感じ←結構アバウト(笑)

リーダーの書く詞や『ココロの日曜日』を読んでいるといつもあの明日香地方の風景を思い出すんです。

詳しくはまた時間のあるときにゆ~っくり書きますが、特に『PLUS』の歌詞の「をりふし(漢字では「折節」と書きます)咲く花よ」という『PLUS』の歌詞を聴くと、「リーダーの心の根底には万葉の世界があるのかな?」って思うんですよね。

万葉集は短い言葉の中にたくさんの想いが詰まっています。

その万葉集の世界を理解できるのはリーダーしかいない!と思ってるんです。

奈良で育ったリーダーならきっと私とは違った角度から歌を読み解いてくれるような気がします。

そして昔の人の言葉の豊かさ、日本語の素晴らしさをリーダーならきっと伝えてくれるはず。

リーダーの作詞にもきっといい影響を与えてくれるはずですよね。

40歳になって新しいお仕事にもチャレンジするリーダー。

たまにはいにしえの風が吹く奈良の小道を歩きながら、古代のロマンをナビゲートしてみるのもいいと思いますよ、リーダー



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

6月9日3時台3拍手、4時台、6時台、7時台、8時台、9時台2拍手、10時台、11時台、12時台、20時台、22時台2拍手ととてもたくさんの拍手をいただき、本当にありがとうございました!!


『はなまるマーケット』で紹介していたリーダーの自家製ポン酢をどうしても作りたいのですが、時期じゃないダイダイがない

仕方ないので、宮内庁御用達の橙酢とやらを取り寄せることにしました!

ちょっとお高いんだけど…

レモンだけで作ったところすごーく酸味が強くってちょっとキツい味だったので「やっぱりレシピどおりじゃなきゃだめだな。」と反省。

今度こそ成功を



またよかったら遊びに来てくださいね



新CMはTOKIOにピッタリ!~フード・アクション・ニッポン~
農林水産省とフード・アクション・ニッポン推進本部の被災地支援キャンペーン「食べて応援しよう!」の新CMにTOKIOが起用されたんですね。

なんだか今のTOKIOにしかできないお仕事だと思います。

ネットのニュースに「バラエティー番組で10年以上も農作業や野菜作りを経験しており、被災地の人々からも親しまれているTOKIOのメンバー。今回は、彼らの力強いメッセージを通じて、「食」の面から被災地支援、活力再生をPRする」って書かれている記事を見て、嬉しかったし、誇らしかった。

だって彼らが頑張ってきた証拠だもん。

村を通じて浪江町の方々と、全国各地でロケをしてそこでの人々との触れ合いを大切にしてきたことが評価されて、新しいお仕事となってTOKIOに帰ってきている。

長い時間を費やしているけど、確実に彼らの成長となり、力となり、今こうやって大切なお仕事をいただける。

TOKIOもきっと嬉しく思っているはずだよね。

いいお仕事をしているな、って思います。

と同時に、こんな風にいい循環ができているのはやっぱり彼らが地道に頑張っているからだと思う。

ここんところCMに関しては縮小だったり、終了だったりとちょっと淋しいニュースしかなかったから、本当に、本当に嬉しいよ。




CMの詳細はこんな感じだそうです↓↓↓


CMでは、被災地産の食材をおいしそうに食べる一人一人の表情のアップが、「ぼくらは今日も」(城島茂さん)「いただきます!で」(松岡昌宏さん)「東日本と」(長瀬智也さん)「ガッチリ」(国分太一さん)「つながっています」(山口達也さん)というナレーションと重なって描かれる。そして最後には、食材を手に全員で「食べて応援、続けます!」と続く。

使用した食材は、宮城県産の米を使った「おにぎり」と福島県産の「アスパラ」、宮城県産のみそをつけた福島産「キュウリ」、茨城県産「トマト」、青森県産「リンゴ」、群馬県産「スイカ」、岩手県産「牛乳」、山形県産「モモ」、山形県産の肉と千葉県産のタマネギの「バーベキュー」、千葉県産「カツオ刺し身」と、被災地を中心とする東日本産の新鮮な食材で揃えた。当日は、その場で調理された出来立てのメニューが振る舞われ、メンバーは頬を緩めていたという。

(JCASTニュース)





みんなでワイワイ言いながら「おいしいな、これ!」とか言って頬張っている姿が目に浮かびます。

特に山口くんはガッツリ食べてそうだ

きっと食べながら村の話も出てるんだろうね。



昨日6月8日から放送されているこのCM、残念なことに首都圏でのオンエアだそうです

サイトを見てもCM動画は現在UPされてないし

オンエアが拡大されても東日本だけなのかな?

だって私の住んでいるところの野菜って西日本からなんですよね、ほとんど。

コーナーとして「がんばろう!東日本」キャンペーンみたいなのがあるので、そこではお菓子とかジュースとかいろいろあるので、ときどき買ったりしてるんですけど。

でもね、東北の物産展とかたまにやってたりするし、私は通販で東北の野菜を買ったりしてるので、首都圏だけでなく日本全体で“食べる支援”ってできるんだよね。

だから農水省さん!ぜひぜひ全国でCMオンエアしてほしいです!!

こんなステキなCMだもん、日本全国のTOKIOファンが見たがっているはず!!

楽しく、そして美味しそうに食べているメンバーが見たいです



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆

6月8日5時台、7時台、9時台2拍手、12時台3拍手、14時台、20時台2拍手ととてもたくさんの拍手をいただき、本当にありがとうございました!!


今週の金曜日納品のお仕事が3本たまっているので、PVの感想はじっくり時間が取れたら書きたいと思っています。

とりあえずはお仕事頑張んなきゃ

ビタオレ観劇と次のLIVE費用…小銭稼がなくっちゃ


またよかったら遊びに来てくださいね



満天の星空を描いて~新曲感想(見上げた流星①)~
次回6月17日(金)の『ザ少年倶楽部プレミアム』、総集編だからもともと録画しようと思っていたのですが、プレミアムショーがTOKIOだし、WORKSはビタオレだったら絶対に録画でしょ

『見上げた流星』を演奏してくれるのかな??

この曲での音楽番組、ちょっと少なくて残念だったからまた聴けるんだったら嬉しいな

ビタオレも舞台風景を映像にちょっぴりでも残しておける

(と言いつつ、DVD出たらお買い上げですけど(笑))

でも放送時点ではまだ私は見ていないわけで…なんだかんだでネタバレになりそうな予感

こうなったら家族と一緒に見て、WORKSのところは私は目をつぶり、家族に早送りしてもらいましょう!!







さて、昨日に引き続き今さらながらの新曲感想です。

今日は『見上げた流星』について書こうと思います。

個人的にはリーダーのツボツボは別に書きたい主義なので(笑)、リーダーについてはた~っぷりと明日書くことにします。





----------------------------------------------------

『カミスン!』で中居くんから「どうして今回ミディアムテンポな曲なの?」って聞かれて「たくさんの人に聴いてもらいたいから。」と言っていた長瀬くん。

それだけTOKIOからのメッセージがいっぱい詰まってるんだな、って思いました。

聴く人それぞれに想いは違うと思うのですが、今日は私の想いを書くことにします。




曲の冒頭のギターの音色、これを聴いていつも思い浮かべるのが満天の星空

リーダーのギターの音色が天空を私の頭の中に描いてくれます。

あの音色はこの曲に絶対になくてはならない音だと私は思っているのです。

今回の曲はギターの音色がとても効果的に使われてるな、って。

芝生の上に体育座りしてメンバーと星を見上げている…そんな幸せな気持ちに前奏のギターがさせてくれます




そして「ねぇ…」と優しく語りかけるような長瀬くんの歌声で気持ちがとても優しくなります。

歌詞全体からは“強い意志”を感じるのですが、長瀬くんの「ねぇ…」がその想いを優しく包み込んでくれています。

きっと長瀬くんの優しさが表れてるんだろうな、って思います。




歌詞を聴いていると3つの映像が私の頭の中に浮かびます。





1つは自分の高校時代。

どの歌詞がそれを思い出させるのか、というと「やがて離れてく運命だって」という2番の歌詞。

1番でずーっと同じ気持ちで、同じ願いを持って歩んできた仲間が、将来は別々の道を歩んでいく…そんな光景が浮かびます。

高校の野球部でマネージャーをしていたことは以前も書いたと思うのですが、弱小野球部であっても「いつかは甲子園!」とみんな思って毎日練習してたんですよね。

その時は将来のことなんて描いていなかった気がします。

でも高校3年生の最後の夏の大会を終えて自分の進路を考えた時、今まで一緒に、同じ目標を持って歩いていた仲間がそれぞれの将来を考えて、別の道を歩みだす。

その瞬間の淋しさが甘酸っぱく蘇ってきます。

その中には片想いの彼もいたのですが、「好き」とか恋愛感情じゃなくって、みんなと離れていく淋しさとこれからは自分自身の目標を持って1人で歩いていかなければならない、という大きな決断を背負うことになる、という複雑な思いがあった気がします。

「そんな頃もあったな…」っていう懐かしい思い出が頭の中に浮かび、気持ちがフッとあの頃に戻っていきます。






そして…DASH村への想い。

震災の凄惨さもさることながら、DASH村の住人であるTOKIOにとって自分たちが村に帰れない、何もできないもどかしさが最初はあったはず。

だけど、ずーっと下を向いて悩んでいるんじゃなく、今できることをやろう!村に帰れる時を信じて!!という気持ちが伝わってきます。

そしてその村を支えてくださっていた浪江町の方々と「同じ痛みを分け合いながら」「絶対に取り戻す!!」という強い意思をTOKIO5人で繋いでいるんだと。

「前を向いて歩いていく」…その「旅路の果てに掴めるものがきっとあると信じている」からこそできることだと思うのです。

「絶対にDASH村を復興する!!」という揺るがない彼らの固い決意がこの歌から私には伝わってくるのです。

彼らが人の絆をたくさん教えてもらったのがDASH村だと思うから。

歌詞の中の「星座」という言葉はきっと「人の絆」という意味なんじゃないかな。

天にまたたいている星は1つ1つだけど、人間がその星を結びつけて「星座」という意味を持たせています。

人間の社会って、「信頼」「絆」ってまさにそういうものですよね。

それをたくさん教えてもらったDASH村。

TOKIO自身が人として成長したのもDASH村。

その村への想いが『見上げた流星』にはたくさん、たくさん散りばめられている。

そんな風に思いながら聴くと、懐かしい村の風景や明雄さんやTOKIOの優しい笑顔が浮かんできて、涙が溢れそうになります。






そして最後に…ファンへの想い。

リーダーの作った『PLUS』とはちょっと違ってるのですが、この曲からもTOKIOの深く、大きいファンへの想いを感じずにはいられません。

LIVEのステージから見るとたくさんのペンライトが光っていますよね

その輝きはまさにTOKIOが17年間頑張ってきた輝き

支えてくれたファンがいるから、自分たちがこうやってステージに立てるということをよくLIVEの最後にメンバーが言っています。

星を人に例えるなら、私たち1人1人が夜空の星なんだと思う。

TOKIOが辛い時、自分を見失いそうになる時「立ち止まって空を見上げる」とそこにはたくさんの星(ファン)がある。

どんなにくじけそうになってもTOKIOを信じて、応援してくるファンがいるからこそ頑張れる!

その想いがところどころに散りばめられている気がします。


実は私から見ると、逆に星がTOKIOであって、辛い時彼らを見ると「頑張ろう」って泣きながらでも立ち上がれたりします。

いつだったかな?『ココロに日曜日』でリーダーが書いていたんだけど、5人が見守ってくれている!5人がそばにいてくれる!!って思えるからこそ、自分の限界まで頑張れるんですよね。

だって彼らはstarだもん(笑)





伝えたいことがある、たくさんの人に聴いてもらいたい…この気持ちをミディアムテンポな曲で逆にインパクトの強い、心に響く曲に仕上がっていると思います。

こんなにメッセージを込めた、気持ちがたくさんある曲はTOKIOにしか歌えない!って思います。

CDセールスでは厳しいものがあるのかもしれませんが、それでもどこかでこの曲を聴いてくれた人が「いい曲だね」って思ってもらえたらいいな、って思います。

つい最近私の友達からメールが来て「今度のTOKIOの曲、いい曲だね。大好きです」って言ってくれました。

彼女はTOKIOのファンじゃないのですが、ファン以外の人にそう言ってもらえるのはとっても嬉しいことです。

これからも多くの人に聴いてもらいたい曲です。





『見上げた流星』…この曲をLIVEで聴くことができるのはいつなんでしょうね。

J-stromのサイトの“LIVE”ってところを見ると「coming soon…」って書いてありました。

この前LIVEが終わったのに気が早いんだけど(笑)…ホントに「coming soon…」でお願いします!!



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆

6月7日7時台、8時台、10時台2拍手、11時台2拍手、12時台、14時台、20時台、23時台3拍手、8日0時台ととてもたくさんの拍手をいただき、本当にありがとうございました!!



明日はリーダーLOVEで書きまくりたいと思います!!

だってリーダー、大好きなんだもん


またよかったら遊びに来てくださいね



頭がLIVEに切り替わる~新曲感想(Wheel/PLUS)~
さてさて、かな~り出遅れてしまいましたが新曲の感想を書いてみたいと思います。

一応自分の頭の中に「流れ」ってもんがありまして、新曲感想⇒PV感想⇒ツアーパンフ感想⇒LIVE感想⇒DASH村っていう順番で書きたいと思ってるんです。

でもどれも結構思い入れがあったりして、時間がないとなかなか書けないんです、私

(ちょっと想いを書こうとすると平気で1時間かかる人なので

今日はちょっと書きやすいものから書いていこうと思います。



--------------------------------------------------

『Wheel』


家族が聴いて開口一番「TOKIOっぽい曲だね!」とのこと。

確かにTOKIOのイメージってこういう元気な曲、LIVEでノリノリになる曲っていう感じですもんね。

ちょっぴりOVER 30'sには若い感じだな、というのもたまにはいいかも

いきなりのボーカルが太一くんでちょっとびっくりしました

だけどLIVEでは煽り番長だから、トップバッターにはお似合いかもね



いつも私がクスッとしちゃう歌詞があるんですよ。

「苦い涙を受け止めてやれるようなデカイ存在になりたいと願うちっぽけな僕がいるよ」ってところ。

既に太一くんは私にとってすっごく大きな存在です。

『タヒチ』でどれだけ優しさをもらったかわからない。

LIVEでも私たちの気持ちをちゃんと汲み取って、優しい言葉をいっぱいもらったもの。

TOKIOの誰が歌ってもきっと私はクスッと笑ってたと思います。



そして私の最大のツボ、というかお気に入りはリーダーが歌ってるところ

「なんで?」「どこが?」って聴かれても答えられない(笑)

説明ができないけど、私のとっても気に入っているところです

リズムというかなんというか…とにかくあそこが大好きなんだ



ツインギターの間奏ももちろん大好き

どれが長瀬くんの音で、リーダーの音なのかは全くわからないけど。

これはLIVEで演奏される時までのお楽しみだな。

ツアーの真っ最中に発売されたからでしょうか?

もうすでに私の頭の中ではこの曲をLIVEで演奏しているシーンが浮かんでいます。

早くLIVEでリーダーのギターの音が聴きたいな、って思う曲です





====================================================





『PLUS』


この曲については散々語ってきたので「いまさら?」という気もしますが、やっぱり語る(笑)



やっぱり配信のみっていうのは淋しかったから、CDに収録されてすっごく嬉しかった。

だってリーダーが作詞・作曲で、TOKIOみんなで作り上げた曲だもん。

携帯配信のみ、っていうのは古い人間の私にはやっぱり心もとないものだったんです。

ただCD収録用にアレンジされる、っていうのがちょっと気になってたんですよ。

やっぱりメンバーが紡いでくれた音を大切にしたかったんです。

全くとまでは言わないけれど、違った印象を持つ『PLUS』なってたら淋しいな、って思ってたんですよね。



そんな心配は無用だったよ。

5人の音をすっごく大切にアレンジしてくださってたのがわかる仕上がり

聴いててそれがすっごく嬉しかったです。

私たちのために、私たちの気持ちを「わかってるよ。」って語りかけてくれる『PLUS』という曲はやっぱり5人で紡いでほしい、という想いがあったんです。

できれば配信のまま、つまり5人だけの音のまま収録してほしかったのですが、CDで聴くならこのアレンジの方が映えるかも、と思いました。

上手く言えないんだけど、「はい!」って渡されたプレゼントのリボンが縦結びになってたのを綺麗に結び直した、っていう感じ←やっぱりわからん表現だ

包装紙を変えたり、不恰好なラッピングを包み直したり、っていう感じじゃないアレンジでよかったな、って思う。




ただLIVEでは今回と同じく、TOKIOと私たちだけの空間で『PLUS』が聴きたいなって思う。

だって『PLUS』という曲はTOKIOから私たちだけへのプレゼントだから。

そのプレゼントをもらって、TOKIOに「ありがとう」の想いをありったけ込めた拍手を私たちが贈る。

拍手が鳴り終わるまでがこの曲『PLUS』なんだと私は思っているんです。

ツアー前にテレビで『PLUS』を歌った時に「なんか足りない…」って思っていたのはきっとこの「拍手」なんだと思う。

だってLIVEでは心に残るLast Songだったから。

これを書いていても5人がステージに並んで歌う姿、彼らが紡ぐ音色が鮮明に浮かんできます。




この曲の本当の素晴らしさはTOKIOと私たちにしかわからないと思っています。

なぜって?

そこにはいわゆる「間」っていう文字と文字、行と行の空間に込められた「TOKIOの想い」があるから。

ステージから私たちを見ているTOKIO、私たちの気持ちをわかってくれているリーダーが作ってくれた曲だもの。

そしてそんなTOKIOの想いをココロで受け止める私たち。

両者の間で初めて輝きを放つのが『PLUS』だと思います。

だからこそ、LIVEじゃなきゃダメなんだと思うのです。

LIVEが終わる淋しさとともにTOKIOの想いが伝わる『PLUS』は私にとってとっても大切な曲となりました。



また早くLIVEで聴きたいな、リーダー

来年もまた逢えますように…





★☆★☆★☆★☆★☆★★☆★☆★☆★☆★☆★★☆★☆★☆

6月6日3時台、6時台、11時台、12時台、18時台4拍手、19時台、7日1時台ととてもたくさんの拍手をいただき、本当にありがとうございました!!


明日は『見上げた流星』について書こうと思っています。

こちらはきっと、いや絶対長くなる(笑)

時間頑張ってとらなきゃ!!


またよかったら遊びに来てくださいね



「I(愛)」再び―
先週臨時版『ココロの日曜日』が終わった。

今週からまた「I」の章に戻るのだろうか?

リーダーの約束は10週だったな…

そんなことを思いながら1週間を過ごしました。




そして今日12時になると同時に『ココロの日曜日』を見ようとJohnny's webへ。

そしたら更新の時間だったからでしょうか?

いきなり『ココロの日曜日』が消えてまして

「え~うそ~?!」と携帯を振ってみたり、叩いてみたり←古いテレビじゃないんだから(笑)

何回かページ更新してようやく『ココロの日曜日』がアップしているの見てほっと一息。

リーダーがなんの予告もなしに企画を止めたり、中断することはないと信じていたのだけど、あの時は本当に焦りました

焦ってわけのわからない行動をとっていて、後で一人思い出し笑い





リーダーのメッセージを読んで、大阪LIVEで見たリーダーのまっすぐな視線を思い出しました。

前を向いて、未来を見ているあの瞳を。

未来に何が待ち受けているのか…それは誰にもわからない。

それが厳しい現実を受け止める結果になろうとも、前に進むことがリーダーの「スベキコト」なんだろうな。





リーダーの文章は柔らかくて、優しくて、そしてとても叙情的だな、と私は思うのです。

それはまさに「万葉の世界」だな、って。

だけどその文字に見えるリーダーの意思というか考えは揺るがないものだと感じます。

文字とリーダーの人柄からは想像できないほど、リーダーの意思は固いのだな、と。

今回もその印象を受けました。

「こもれ陽」という文字が全体的に柔らかな印象を与えますが、この短い文章にこめたリーダーの「想い」は本当に揺るがないもの。

「走り続ける」「前に進む」

リーダーがよく口にする言葉ですね。

この短い言葉に込められている「想い」「願い」はどれほど大きく、固いものなのだろう。






そしてリーダーの約束どおり今日から「I」の章が再開しました…






今日のリーダーの言葉、それはそのままリーダーに私の言葉として返歌したい。

だってリーダーは私の誇りだもの。

リーダーがいつも前を向いて歩いていく!って宣言するから、私も頑張って頭を上げられるのだから。

リーダーがいてくれたから、私の今がある。

それは間違いなく、リーダーのおかげなんだもん。

もしもリーダーがいなければ、私はまだまだ過去を引きずったまま、人を信じることもなく、自分の殻に閉じこもっていたはずだから。

これがリーダーの言う「必然」なのかもしれない。





私がリーダーに贈る最上級の言葉は「大好き」です。

「愛してる」はちょっぴり恥ずかしい

「恋焦がれてる」はちょっとロマンティックすぎる

やっぱり私には一番この言葉がしっくりくるな。

気持ちはリーダーに焦げこげにされてても(笑)、やっぱり私はこう言います。

リーダー、大好きって。





いつまでも私のココロの日曜日はリーダーだけだよ



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

6月5日3時台3拍手、4時台2拍手、7時台、8時台3拍手、10時台、11時台、12時台、13時台、14時台、23時台ととてもたくさんの拍手をいただき、本当にありがとうございました!!


なんだかんだで夜型の私。

やっぱり今日も深夜の更新でしたな~

でもそろそろ限界かも

ではでは毎日恒例の『PLUS』のPV見てから寝ようっと

(毎日見ていたらそのうちDVDが消耗するのでは?と考えて、2枚目の購入を検討している私です(笑))



またよかったら遊びに来てくださいね


動くTOKIOに逢いたくて
今日は『DASH』もないので、ちょっと淋しい日曜日になりますね。

LIVEも終わって、何となくちょっとばかりセンチな気分になってる私。

それに拍車をかけるように、今日から二宮くんの『日清オイリオ』のCMを見て、またまた淋しくなる。

他の方のブログを見ると、太一くんの『チキンラーメン』や山口くんの『アイサイト』も終わっちゃってるんですね。

CMっていつもコンスタントに流れるとは限らないから、ちょっと見なくてもあまり気にしていなかったのですが、やっぱりこうやって「終わった」とわかると、すごーく淋しい気持ちになります。

TOKIOのCMが流れると何をやっていてもテレビに目をやる私。

『クロネコヤマト』さんなんか、いまだにそんな感じです。

そうこう考えると、そういやリーダーも『プリ○グルス』やったり『チャーミー○ブ』とかやってたな、な~んて思ったりする。





そんなこんなでちょっと動くTOKIOが見たくなって、トキステのビアガーデン編を見ちゃいました。

しかも初めて(笑)

恐る恐る開封しながらこんな夜中に見たけど、太一くんが「12時以降に見て!」って言ってたから正しい見方だったのかも。

ワイワイ楽しくお酒飲んでる姿を見ると、広島であったであろうLIVE打ち上げの様子を想像してみたりしました。

今回の打ち上げはきっといい雰囲気だったんだろうな、って思います。

そしてきっと「早くLIVEやりてぇよ!」って言ってそうだ、松岡くん。

おふざけあり、笑いありの中にもちょこっと真面目なエピソードがあったり。

こんな風に17年間TOKIOやってきたんだろうな、って思いました。

真面目な話をしてる時は「2、3年前の話し合い」とやらを考えてみたりして。

私の知らないいろんなことがあったんだな、って見ながら考えてました。

一言で「17年」と言っても、そこには様々な出来事があったり、想いがある。

でも17年間誰一人欠けることなく、この5人のメンバーでTOKIOの音を紡いできたんだな、と思うと、改めてTOKIOにありがとう、と言いたくなりました。




あれれ?何書いてんだろう、私。

ちょっとお仕事で疲れてて、しかも夜中に書くと文章が支離滅裂だ!!

今度は明るい時間に書くことにしましょう。

そしたらもっとポジティブなことが書けるはずだもん!!


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆

6月4日2時台、6時台、7時台、12時台2拍手、13時台2拍手、14時台、22時台、5日0時台ととてもたくさんの拍手をいただき、本当にありがとうございました!!


今始めて知ったのですが、『見上げた流星』の特典であるトキステはDVDじゃないんですね。

ちゃんと最後まで読んでなかったよ。

じゃあトキステはDVDじゃなくても我慢するから、事務局さん!LIVEのDVDを出してください!!

受注生産でも構いません。

ステージでいっつもビデオ撮ってましたし、リハ風景や『PLUS』のレコーディング風景もいっぱい映像がありそうだもん。

ぜひぜひお願いしたいです!



またよかったら遊びに来てくださいね♪


ビタオレ、日清オイリオについて書いてみる
19時に近づくと一人ソワソワ、ドキドキ

リーダーと一緒に舞台袖に立ってる気分でした(笑)

いい初日が迎えられてるといいな、なんて思っています。




ゲネプロの様子が伝わらないな、って思ってたら本番前だったんですね

その後に加藤くん、朝海さんともども会見したリーダー。

その様子が携帯の芸能サイトに載ってました。

ちょびっとネタバレがあるので、追記に記載しますね。

見たくない方はここでご遠慮くださいね。

(但し、日清オイリオについても書いてあります、下に



その前に…

6月3日3時台3拍手、7時台2拍手、9時台、12時台2拍手、13時台、14時台、20時台、23時台ととてもたくさんの拍手をいただき、本当にありがとうございました!!






それではネタバレがちょこっとある会見のお話はココからどうぞ!!





続きを読む

背中を「ポン♪」って
あっという間に初日になりましたね、『6月のビターオレンジ』。

演劇雑誌にもたくさん、たくさん載せてもらって、まだ全部に目を通せていません。

本屋さんで演劇雑誌のコーナーに笑顔のリーダーを見るたびに舞台のことを思い出していました。




最初に事務局から情報メールが届いた時はあまりのビックリに「どうしたの?茂?!」って叫んじゃいました。

私はリーダー以外の呼称を使わないのですが、つい「茂」って呼んじゃったことにビックリさ加減が伺えると思います。

一番ビックリしてたのはオファーをもらったリーダーかも。

「なんで僕やの?」ってつぶやいたりしてそうだ。




40歳になって、いろんなことにチャレンジすることはとっても素敵なことですよね。

ついつい守りにはいっちゃいそうだけど、リーダーは違うんだね。

「40歳になってもイケイケで!」というお母様の言葉通り、いろんなことにチャレンジするリーダーが私は大好き

守りに入っちゃったらつまんないもん。

男としての魅力がなくなっちゃう

リーダーにはいつまでも輝いていてほしいから、約1カ月におよぶ舞台のチャレンジを心から応援してるよ。

だってリーダーは私にとってスターだもん





LIVEが5月30日まであって、舞台のお稽古とLIVEといつものお仕事と、本当に忙しかったと思います。

身体もきっとクタクタだったと思う。

でもね、もしかしたらLIVEが5月30日まであってよかったんじゃないか、と思ったりもします。

身体的にも精神的にもキツかったのは間違いない。

でも、LIVEがあったからこそ乗り切れたのかも、って自意識過剰な私は思ってるんです。

ゆっくり書きたいな、と思ってるからまだ感想を書いていないのですが、『はなまるマーケット』でのリーダーの顔、とっても素敵な顔になっていたから。

達成感、充実感、そして何よりも心のエネルギーが満タンっていうとっても素敵な顔つきになってた。

きっとそれはLIVEでファンからたくさんのパワーをもらったからだと思います。

そして何より、『PLUS』ツアーが本当に素晴らしいツアーだったから。

リーダーにはLIVEがエネルギーとなっていたと私は思っています。

ファンの声援が、拍手が、リーダーの背中を「ポン♪」って押してくれたはずだから。






リーダーはもう眠りについたのかな?

それとも台本を見直してるのかな?

もしかしたらちょっぴり緊張してて眠れないかも。





私はこの舞台が人生初の観劇になります。

リーダーの舞台が初観劇だなんてとっても嬉しい

今まで私が知らなかったリーダーの一面が見られるんじゃないかな、って楽しみにしています。

私がリーダーに逢えるのはまだまだ先のお話ですが、今日届いたチケットとともにその日を楽しみにしています。






会場にお花を送ることはできないけど、その代わりにこの言葉を元気に手を振りながら笑顔とともに贈ります。




今日の初日が素晴らしいスタートとなりますよう、遠くから祈っています。

リーダー、いってらっしゃい




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆

6月2日3時台3拍手、5時台、6時台、7時台、8時台、11時台、12時台2拍手、14時台2拍手、16時台2拍手、18時台、20時台ととてもたくさんの拍手をいただき、本当にありがとうございました!!


チケット、ドキドキしちゃってまだ開けてないんですよ。

いつ開けても席は変わらないのにね(笑)

まだ1カ月も先なので、もうちょっと開封せずドキドキしておこうと思います



またよかったら遊びに来てくださいね


絶対に遊びに行くよ♪だから…
『タヒチ』の感動の嵐で気づかなかったよ、『松岡のぶろぐ。』の更新(笑)

今日外出先の空き時間で気づいて、読んで…涙こらえるのに大変だった。

ちょうど短期連載『+PLUS+』が読めなくなって寂しかったんですよね。

それを見てるかのような『タヒチ』、『松岡のぶろぐ。』の更新に、TOKIOからの想いが伝わりました。

そして、こんなにも大切にされていることに、本当に「ありがとう」って言いたいです。

太一くんとは全然違う松岡くんの文章、文字…その中に松岡くんらしい感情がいっぱい詰まってました。




今夜もそんな松岡くんに対しての私なりのお返事を書いてみたいと思います。

うまく言葉にはならないけど、今の自分の「想い」を大切に綴っていこうと思っています。




LIVEを「祭り」という松岡くん。

今回のツアーはいろんなことがあって、3カ月にも渡る長い、長いツアーになりましたね。

だから余計に寂しさが募るんだろうな、って思っています。

私がそう思うのだから、TOKIOはきっとそれ以上なんだろうな。

松岡くんが言うとおり「安心感、満足感」もいつも以上あると思います。

だからこそ余計に「脱力感と…ちょっとさみしい気分」が増すんだろうと思うのです。

数式でいう「正比例の法則」だよね。




今回は本当にいろんなことがありました。

そして様々な事を考えたし、いろんな想いを巡らせたよね。

昨日も書いたようにTOKIOも、スタッフの方々も、私たちファンも、悩み、苦しんだからこそこんなにも思い出深く、「絶対に忘れることのないツアー」になったんだと思います。

でもね、それだけじゃないんじゃないかな、って思っているんです、私。

実は画像メモとして保存している2009年10月9日の『タヒチ』を読み直してみました。

これは『OVER 30's WORLD』ツアーが終わった後に書かれたもの。

このツアーは私自身複雑は想いを抱えたツアーでした。

多分それ以上にメンバーが感じた「想い」は想像に余りあるのです。

『ザ少年倶楽部プレミアム』でも言っていた「TOKIOのお酒のない話し合い」…これってもしかしてこの頃じゃないのかな?

だとするならば、今回の『PLUS』ツアーに臨むにあたって彼らがどれだけプランを練り、リハに多くの時間と想いを費やしたのだろう?

大阪LIVEで『advance』に入る前のOVER TUNE…この時のTOKIOから「覚悟」という言葉を感じました。

「ツアーを絶対に成功させる!」という強い気持ち。

そして「ファンを笑顔にすることが僕らの使命」とでも言うのでしょうか。

彼らが奏でる「音」から私は圧倒されるほどの「TOKIOの想い」を感じたのです。

大阪LIVEは震災後の公演。

その想いも重なり合って、あの時の迫力は今でも鮮明に蘇るほどです。

TOKIOは、メンバーは決して表に出さないけれど、口にはしないけど、前回のツアーからの「内に秘めた想い」があったはず。

全ての「想い」が歌に、演奏に込められていて、それが私たちファンに届きました。

その想いを私たちが受け止めて、彼らへの歓声、拍手etc.…いわゆる「ノリ」となって返したんだと。

言葉ではなく、「『想い』を交わした」気持ちのキャッチボールがあったからこその「絶対に忘れることのないツアー」だったんじゃないか、と思うのです。





「成功した。」

それは自信を持って私も言えます!

他のメンバーも、ファンみんなもきっと口を揃えていうはずだ、「成功した」って。

だってメンバーを見てたら確信が持てたもの。

長瀬くんが魂込めて歌ってる。

松岡くんのドラムの音が胸にズンズン響いてくる。

太一くんがずっと優しい笑顔でキーボードを演奏してたよ。

山口くんがノリにノッてベースを操ってた。

そして、大好きなリーダーが会場を見渡しながら優しい眼差しを向けてくれたから。

メンバーを見ながら、私たちはみんなとっても楽しい時間を過ごせたから。

そのLIVE、成功以外の何物でもないよね。




「間」かあ…

こんなブログでも、行間を私も大切にしています。

行間に込めた想い、段落間の気持ち、それは言葉にできない想いがいっぱい込められているんですよね。

私も自分なりに、拙いなりに意識しながらいつも書いています。

日本人ってそうやって古代から文字を、気持ちをつないできたんじゃないかと思っています。

いつか書こうと思ってまだ書いていないのですが、リーダーの文章を見るといつもそう思います。

そしてそこには「奈良」という故郷があるんじゃないかな、って。

松岡くんの言わんとしている「間」とはズレてるかもしれないけれど、そんなことを考えながら読んでいました。





松岡くんがTOKIOでよかった。

あの4人と出逢ってくれて、本当によかった、と思ってる。

だって私には今のメンバーの1人が欠けてもTOKIOじゃないんだもん!

リーダー、山口くん、太一くん、長瀬くん、そして松岡くんの5人が紡ぎだす歌、そして音楽がTOKIOだから。

5人で懸命に走り続けてきてくれたこと、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

「ありがとう…」




オーラスの広島LIVEのステージで飲んだビールの味はきっと一生忘れることがないんだろうね。

ファンの前で乾杯できるなんて、TOKIOは幸せ者だ。

そんなTOKIOと一緒に「打ち上げ」したファンのみんなも「Air Beer」の味はずっと、ずーっと忘れることがないだろうし、あのビールの味はもう二度と味わうことがないはずだ。




みんないろんな想いを、いろんな事情を抱えてLIVEにやってくる。

ただ「TOKIOに逢いたい」「TOKIOの音が聴きたい」という一心で。

2時間半のつかの間の幸せな時間のために。

そんな私たちの気持ちを知っているTOKIOはいっぱいの笑顔と、たくさんのパワーをくれた。

「明日からまた頑張れる…」

寂しさとともに次へ歩き出す力をくれたTOKIOに私こそ「本当に心から、感謝します」

TOKIOだって個々のスケジュール調整してくれて、忙しい合間を縫って私たちに逢いに来てくれたんだもん。

その気持ちがとっても嬉しかったよ。

本当は疲れてるだろうに、それでもパワフルにステージで歌を、演奏を届けてくれたTOKIOにはどれだけの「ありがとう」を言っても足りないくらいです。

でも私にできることはやっぱりこれしかない。

「みんな、本当にありがとう!心からTOKIOのファンでよかったと思ってます!!」




絶対に遊びに行くから!

それまで毎日頑張るから!!

だからお願い。

早く…早くステージに戻ってきてほしいな。

メンバーと私たちが一番輝けるあの場所に。




最後に「ちゅっ(^3^)/なんてされて、ちょっと顔が赤くなっちゃった







芸能人との「心のつながり」「絆」なんて、と言う人がいるかもしれない。

だけど私は確かに感じた。

TOKIOと私たちの「心のつながり」を、「絆」を。

離れていても、いつも私たちはつながってる。

だから胸を張ってこう言うよ。

「今回のLIVE TOUR、最高だった!絶対に忘れないよ!!」




こんなにもメンバーから愛されてる私たち、本当に世界一の幸せ者だ。




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

6月1日3時台2拍手、8時台6拍手、10時台、12時台、13時台、14時台、17時台3拍手、20時台ととてもたくさんの拍手をいただき、本当にありがとうございました!!


コメントレスです↓↓↓

6月1日12:49に拍手隠しコメントをくださったSさんへ。

いつもブログを読んでくださってありがとうございます。

私の文章はひたすらダラダラと長いのに、うまく自分の気持ちが綴れないんですよね。
太一くんや松岡くん、リーダーの文章を読んでると「あんな風に書きたいな。」って思います。

私の拙い文章から想いをいっぱい汲み取ってくださって本当にありがとうございます。
文字にしない、できない「想い」も行間にいっぱいあって、それを表現できない自分にもどかしさを感じます。
豊かなSさんの感性で文字と間のすきまにある想いを感じ取ってくださって、本当に嬉しいです。
これからも少しでも自分の想いが短い言葉で的確に伝えられるよう努力しています。

奈良時代に生まれてたら絶対に「歌人」にはなれなかったな
現代に生まれてよかった、って感じている今日この頃です(笑)

LIVEのこと、新曲のこと、書きたいことがいっぱいあります。
拙いながらも「今感じる想い」を大切に少しずつ書いていきたいと思います。
よかったら読んでくださいね。


-------------------------------------------------

すぐ影響される私。

明日には新玉ねぎやら昆布やらかつおぶしやら買いたいところですが、明日は忙しいので金曜日に買い出しだな。

リーダー、オススメレシピを食べている私は絶対にニヤニヤしている怪しい女になってると思います(笑)



またよかったら遊びに来てくださいね



義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
いま、何時?!
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

カレンダー(月別)
05 ≪│2011/06│≫ 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
遊びに来てくれてありがとう
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
プロフィール

のぶりん♪

Author:のぶりん♪
性 別:女
血液型:AB型
星座:山羊座★
年齢:リーダーと同じく
    「心は十代」

最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。