*All archives* |  *Admin*

2017/05
<<04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どストレートな気持ちで“DASH村”への愛を綴るっ!!
じゃあ書きます

昨日宣言したとおりオブラートにも包まず、まるっと書かず、宣言どおり直球勝負の気持ちを書きます。

『DASH村秋便り』よりも『DASH村春便り』はモヤモヤ感が増幅してる分、かなりのやさぐれが予想される。

特に私は書いているとヒートアップするタイプだからね

最初に言っておきますが、完全に私のわがまま目線になるはずです!

ですので、「そんなの読みたくないよ!」って方はここでご遠慮くださいね。

もちろんいい大人なので、いろいろな諸事情等があることは想像にかたくありません。

またDASH村への思い、TOKIOやスタッフさんなどDASH村に関わる全ての人への思いも持っています。

だから誰か特定の人を攻撃・責めるものではありません。

強いて言うならば「攻撃・責める」人がいないからこその私のやさぐれです。

だからこそブログに書いて自分のガス抜きをしたい、ってだけです。

それを読まされる皆さんには大変申し訳ないのですが




また、もう1つわがままを言わせてもらえるのなら…

今回の記事については「それは違う!」という完全なる否定的なコメントはご遠慮いただけると助かります。

いつもはどんな意見でも受け入れるんですけどね。

というのも、自分の中で冷静な判断をする自分もいるわけで…

だから、まあ「お子ちゃまのたわごと」として「のぶりんはこんなことを思ってしまったのね~」と笑っていただけたら幸いです。




言葉足らずで誤解を生む表現になっているかもしれません。

ですので、以上をご理解の上読んでいただけたら幸いです




その前に…

5月28日7時台、12時台3拍手、16時台、18時台、29日0時台、1時台、3時台とたくさんの拍手をいただき、本当にありがとうございました!!








長くなるか短く終わるかわからないけれど…



それでは書きます











さっき日曜日の新聞のラ・テ欄を確認してきました。

やっぱり私のところでは『DASH村春便り』の放送はありませんでした。

該当する時間帯には『嵐にしやがれ!』の再放送がされていました。

嵐ファンのみなさんや番組を楽しみにしていらっしゃる方がおられるのはわかってるけど…わかってるんだけど…

再放送なら『DASH村春便り』を放送してもいいんじゃないかな、って思う。

なぜ放送をしないのか…全く合点がいきません。

「全国放送ではオンエアできない事情があるんだろう」と言われる方もいらしゃるでしょう。

もちろん私も「何かあるのではないか?」と思っています。

でもさ、やっぱり放送されない地域に住んでいる者として冷静に「全国放送でオンエアできない事情があるんだね」とは言えない。

私が冷静にそう言えるのは自分がオンエアを見れたときだ。

オンエアされない地域に住んでいる者として、そんな言葉は出てこないのだ。

そりゃTOKI友さんにダビングをお願いすれば見ることはできます。

そこが論点なのではなくて、「オンエアされない不満」が私の論点なのです。

『DASH』の放送でもDASH村を冠に掲げている企画(出張DASH村)やDASH村での映像が出てきますよね。

それなのに今のDASH村は伝えてもらえない…

いち視聴者として不満、怒り、悲しみを感じずにいられません。





中には「DASH村の現状を見るのはつらい」と思う方もいらっしゃるでしょう。

もちろんその気持ちもあって当然だと思います。

被災されて他の地域に非難されている方々にとってはDASH村の状況を見ることが自分のふるさとを思い出すのかもしれませんよね。

その気持ちを否定するつもりはありません。

ただ…「オンエアしない」という視聴者が選択権を与えられていない状況が私は不満なのです。





そもそも、もしもあるのなら「オンエアできない事情」ってなんなんだろう?

私は内容を想像するに、オンエアできない事情があるとは思えないのです。

今回は関西でもオンエアがあったとか。

もしも首都圏と関西でのみオンエアがあったとするならば、それは“似た状況”があるからなのか、としか一致点が見つからないのです。

それを考えると「オンエアしない理由」ではなく「その地域でのみオンエア“する”理由」になってしまいます。

そういう選択肢でオンエアする・しないを考えるとは思えないし…

だとするならば「オンエアしない理由」とは一体何なんだろう?

視聴率がとれない、ということも考えにくいし…

ハッキリとわからないから余計にこのフツフツが止まらないのです。





今年の元旦に朝日新聞で山口くんが語っていたDASH村への思い。

またメンバーがときどきつぶやくDASH村への気持ち。

それに接していながら現状のDASH村を知ることができない私はどうしても「置いてけぼり感」を感じてしまいます。

ある意味片想いよりもせつない。

DASH村のことをどんなに心配しても、DASH村の今を知ることができないのだから。

『DASH』を見ながら「DASH村にTOKIOが笑顔で戻れる日まで、この番組が続くように私も見続けていかなくては!」と思っている自分がアホらしくなってきました。

まあ私1人ぐらいが『DASH』を見なくなったとしても、DASH村のことを心配しなくてももっともっとたくさんの視聴者の方がいらっしゃるわけですから、どっちでもいいんだろうな~と思う今日この頃です。





今、世の中…といっても私が住んでいるごくごく小さな社会ですが、東日本大震災の記憶は徐々に薄らいできているように感じます。

募金箱の有無や募金をしているかどうか、という金銭的なものではなく、何となく雰囲気というか空気というか。

実際の被災地の復興や被災された方々の生活はまだまだ以前のそれには戻っていないというのに。

だからこそ、DASH村の現状をより多くの人々に知ってもらうことが必要なのだと思うのです。

被災地のニュースには関心のない方も、もしかしたらDASH村のことなら見てくれるかもしれない。

報道という1つのアプローチからでなく、本来バラエティである『DASH』が被災地の現状を伝えること、伝え続けていくことに意義があると思います。

それがどこかで誰かが私たちに届くことを途絶えさせているのであるとするならば…それは悲しいことだし、情けないことです。

その人たちに言いたいよ!

「知る権利、見る権利を私たち視聴者に委ねてください!!」

ってね。






ブログを書く前に『DASH web』の“DASH村日記”を読みました。

礼斗くんが書いていたDASH村の風景…共有できる人はどれくらいいるんだろう?

大人だから想像力はあるよ、だからだいたい「こんなんだろうな」ってわかる。

でもさ、同じ風景を画面を通してだけど見ていない私にとっては空想の物語と同じように感じられます。

やっぱりどんなに想像力がたくましくても、感性が豊かでも、同じ映像を見て、共有しなけばどうしてもそこには埋められない“溝”がある。

同じ映像を共有しているからこそ感じられる礼斗くんの気持ちもあるし、礼斗くんが気づかない村の息づかいがあるかもしれない。

そしてそこからは想像をたくましくしてだけど、避難されている方々の気持ちに思いをはせることもできると思う。

それがテレビの力だし、使命だと思うんだよね。





もう1つ踏み込むとするならば、放射能のことを多くの人に伝えるべきだと思います。

放射能の被害で住民が非難している地域がまた再編されましたよね。

でもいまだに自分の住んでいる家に帰れない、帰るメドが立たない方々がたくさんいらっしゃいます。

放射能で汚染された地域をどうやってもとの状態に戻すのか…今でも多くの科学者の方々が研究をしてくださっている事だと思います。

でも魔法のようにパッと解決する物質であったり機器ができるわけではありません。

膨大な時間と労力を費やすことだと思います。

今の大人の時代で解決できればよいのですが、現在ではまったくこちらも手探り状態だと思うのです。

きっと今の子供たちが背負って、解決していかなければならない問題になるでしょう。

だからこそ、子供たちにも『DASH』という番組を通して伝えていく必要があるのだと思うのです。

何も科学者になれ!研究者になれ!!と言っているのではありません。

もちろんその中から携わっていく人材が出るかもしれません。

でも多くの人が放射能のことを知り、そういう地域があることを忘れないでおくことこそが一番重要なことだと思うのです。

忘れてしまうこと、無関心になることが一番怖いことなのですから。





今回はどれだけ多くの地域で放送されたのでしょうか?

できれば私の住んでいる地域以外で放送されていればよいのに、と思っています。

私たった1人の声なんて届かないと思うけど、それでもこのブログに書き残しておきたい。


『DASH村夏便り』があるのなら、今度は『DASH』の本編で放送をお願いしたいです!

DASH村を忘れないためにも、そして被災地や被災された方々を忘れないためにも!!







****************************************************


ここまで読んでくださってありがとうございました。


さてさて、誰にダビングをお願いしようか…

結局は現実問題それに行き着くんだよね(ため息)


明日は地元の放送局にメールしよう。

今やるとテンションハンパないからね(笑)




スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

Re: Cさん
はじめまして!
いつもブログを読んでくださってありがとうございます。
またこの度はコメントまでいただき、本当に嬉しいです。
レスが遅くなってしまってごめんなさい。

Cさんのところでは放送があったんですね。
でも前回の『秋便り』は放送がなかったんだからきっと同じ気持ちだったんですよね。
放送されない意味がよくわからないし、もしも想像している範囲であるとしても「なぜ放送しないの?」と思います。
Cさんのところではどうかわかりませんが、私のところは少しずつ東日本大震災や原発事故の記憶が薄らいでいるように私自身は感じます。
だからこそ風化する前に、風化しないためにもDASH村を放送する意義があると思うんですよね。
ニュースではとっつきにくくても、DASH村なら多くの人に、これからの日本を担う若い人にも見てもらえて、考えるきっかけになってくれると思うからです。

私もTOKI友さんに教えていただいて、島田Pのツイッターを見ました。
1つの短いつぶやきの中に「はっきりと言えない思い」「くやしさ」などいろいろな感情が感じられました。
だからこそ私たちはCさんのおっしゃるように、地元の放送局に放送を要望するしかないんですよね。
Cさんの「私も関西の放送局にお礼のメールを送って」というひと言に、TOKIOのファンって何て素敵な人ばかりなんだろう、と思いました。
その気持ちが放送局に届いて安定した放送が今後もされることを私も祈っています。
そして私への励ましの言葉、ありがとうございました。

梅雨に入り、うっとうしい天気が続きますね。
くれぐれも体調くずされませんように…


>
> のぶりんさんも元気だしてがんばってください~。
Re:Gさん
いつもブログを読んでくださってありがとうございます。
コメントもわざわざ書いてくださって嬉しいです。
お名前、ちゃんと覚えていますよ。
レスが遅くなってしまってごめんなさい。

Gさんのところでは今回放送があったんですね。
前回はなかったので一歩前進ですね。
このまま『夏便り』『秋便り』…と制作ごとに放送があるといいですね。

デリケートな問題だし、今でも自宅に帰れない方もいらっしゃるので放送には賛否両論かもしれません。
だとしても放送してほしい!と思うのです。
私もGさんと同じく「見たくなければチャンネルを合わせなければいい」と思います。
「知る権利」「見る権利」は是非視聴者に委ねてほしいのです。
DASH村を放送することによっていろいろな意見も出てくるわけだし、何より「まだ終わっていない」ということを多くの人に知ってもらい、忘れないでいてもらうことが一番重要だと思うんです。

たぶん私が放送を見ても荒れ果てていくDASH村を見るのはきっとつらいことだと思います。
だけど現状を知らずには前に進めないのも事実。
私はきちんと現実から逃げずに、その中で自分のできることを考えていきたいと思います。
そのためにも「今、放送局が何をすべきなのか、しなければならないのか」を考えてほしいですよね。

梅雨になりましたね。
うっとうしい季節になりましたが、田んぼに水が入っていく様子を見て「いつもはDASH村でも…」と考えてしまいます。
くれぐれもご自愛くださいね。
Re: Nさん
いつもブログを読んでくださってありがとうございます。
またこの度はコメントまで書いてくださってとっても嬉しいです。
レスが遅くなってしまい、ごめんなさい。

私のところでももちろん反原発の運動・署名活動がされていますが、遠く離れているからでしょうか、普通よりもトーンが低いと私自身は感じています。
だから特にDASH村を放送することについて障害があるとは感じていないんです。
私の地元局の放送エリアは2県を股にかけているのですが、どちらにも原発はありませんし。
だからこそ「なぜ放送されないのか?」という疑問があるんですよね。
でも私の想像ではわからないところで何かがあるんだろうな、と思っています。
地域密着番組(地元局制作)があるまでは、『DASH』の再放送をしていたくらいですから『DASH』の視聴率も悪くないと思うんですよね。

何だかんだ言っても私にできることは放送してもらえるように地元局にメールで要望を出し続けることしかないのです。
いち視聴者の声だし、私だけかもしれませんが、それでも頑張って続けていきたいと思っています。

梅雨に入りうっとうしい季節になりましたね。
くれぐれもご自愛くださいね。

またブログ再開の時には遊びに来てくださると嬉しいです。
Re: Oさん
コメントありがとうございます。
レスが遅くなってしまいごめんなさい。
また長い私の文章を最後まで読んでくださって感謝しています。

そうですか…
でもDASH村はTOKIO全員で作ってきたものですよね。
確かにリーダーと山口くんのロケ率は高かったかもしれませんが、それはあくまで“TOKIO”を代表して2人が行っているんだと私は思っています。
だからDASH村の担当は?と聞かれたら間違いなく「TOKIOです!」って答えます。
事故によって立ち入りが禁止されてから山口くん以外にDASH村に入ったのはリーダーだけですよね?
本当のところ(DASH村の測定値がどうなのか、人体への危険度など)は私も把握しているわけではないのですが、『スッキリ!』で先日阿部さんが双葉町(だったかな?)で取材している時も、防護服は着ていてガイガーカウンターも持っていらっしゃいましたが、ゴーグルはせずマスクも着用していませんでした。
事故後の初期段階の内容があまりにもお粗末だったので、私たちも何が本当で何がウソなのか判断がつかないですよね。
でも本当に危険な状況であればいくらなんでもきちんとマスクをつけて最大の防護をしていると思うので、そこまでの必要はなくなっているんじゃないかと思うのですが…
またそうあってほしいという願いもあります。

『春便り』を見た感想は必ずOさんに届けます。
ただ今はTOKIOのない生活を送りたい気分なので、もうしばらく感想メールはお待ちいただけると嬉しいです。

梅雨になりましたね。
先日は熱帯夜のように蒸し暑く、寝苦しかったです。
これからもそんな日が増えてくると思いますが、くれぐれもご自愛くださいね。
Re: Sさん
コメントありがとうございました。
レスが遅くなってごめんなさい。

私の意見を最後まで読んでくださったこと、とても感謝しています。
そうなんです。
私もSさんと同じようにDASH村はとても重要な意味を持っていると思っているのです。
ニュースでもなく、バラエティから、でもちゃんと現実を伝えてくれるDASH村は多くの人が被害にあった地域の現状を知るきっかけになると思っています。
そして同じように東日本大震災をDASH村で経験したからこそ伝えられることがTOKIOにはあるんだと。
できれば『DASH』本放送の中でずっと伝えていってほしい…という思いは変わりません。

Sさんのところでも放送がなかったのですか?
現実を突きつけられると淋しいし、残念な気持ちになりますね。
私も地元の放送局にお願いと問い合わせのメールをしました。
今回メールを下からと言って『DASH村春便り』が放送されるかどうかなんてわかりませんよね。
でもこれからも『DASH』が村の様子を伝え続けていくならば、いつかは放送してもらえることを信じて声を上げていくことが大切なんだと思うのです。
それがたとえ私1人の声だったとしても。
「見たい!知りたい!!」といういち視聴者の気持ちを放送されるまで途絶えることなく伝えて生きたいと思っています。

いつも私のまとまりのない文章から言いたいことを汲み取ってレスをいただき、本当に感謝しています。
Sさんと一緒にDASH村が全国放送で伝えられていくことを祈りたいです。

そちらはもう梅雨でしょうか?
明日はこちらも雨になるようです。
ジメジメした日になりますが、くれぐれもご自愛くださいね。


追伸

メールありがとうございます。
とても嬉しかったです。
ちょっとの間、ゆっくり休みます…
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
いま、何時?!
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
遊びに来てくれてありがとう
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
プロフィール

のぶりん♪

Author:のぶりん♪
性 別:女
血液型:AB型
星座:山羊座★
年齢:リーダーと同じく
    「心は十代」

最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。