*All archives* |  *Admin*

2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私がブログをお休みした理由
さてさて、こんなド深夜から…とも思いますが、書いてみましょうか。

今回はめっちゃ短めで終わるのか、それともいつものようにダラダラ書くのか…たぶんダラダラだと思うのですが(笑)




そもそもの発端は7月にあったTOKIOの“シークレットイベント”に関することです。

その件に関して「別に知りたくない」とか私のブログのお休みの理由を「聞きたくない」方はここでご遠慮くださいね。

そして今回も大変勝手なお願いではありますが、私の個人的理由と思いですので、否定的なご意見はご容赦くださいませ。

あくまで理由を書いているわけですし。




ただいつもと違うのは、「ある方」に対しての怒りです、完全に。

それが誰なのかは最後まで読んでいただかなくてはきっとわからないと思います。

途中で読むのをやめてしまうと、違う人に対する怒り、ととらえかねないからです。

ですので、最後まで読む気がない方もご遠慮いただけると助かります。

誤解を生んでしまってもいけませんしね。




以上のことをご了解いただける方のみ、追記にお進みください。





そして…




この記事をきっかけにそろそろブログを再開しようと思います。

といっても、急に毎日更新!とはいかなそうなので、少々リハビリ期間をいただきつつ…

リハビリ期間は不定期更新ですので、ご了解くださいませ。

ただお休みしていた時のようにめっちゃ更新の間隔があくことはないですのでね。

(万が一お仕事のスケジュールが過密になった場合はブログに書いてちょこっとお休みします)

コメレスも少しずつ…






それでは映画タイトルのような「私がブログをお休みした理由」を書きましょうか。










もう一度ご確認まで(笑)




先ほども書いたように私がブログをお休みした理由はTOKIOのシークレットイベントに関係しています。

もう薄々勘付いている方もおられると思いますが、私はそのイベントに行くことができませんでした。

つまり「落選」です。

この件に関してこれから書いていきます。

ですので、興味のない方、または落選者の意見を読みたくない方はここでご遠慮下さいね。




またイベントに関しても全く内容は知りません(東京・大阪とも)

ですので、とんちんかんなことを書いているかもしれませんが、「イベントのことを全く知らない」ということを頭の片隅に置いて読んでいただけると嬉しいです。





以上のことを「OK!」と言ってくださる方はこれから書くことを読んでみてください。









---------------------------------------------






私はTOKIOの「シークレットイベント」に参加することができませんでした。

そう、落選です。

それを知ったのはTOKI友さんとメールをやり取りしていたときのことでした。

TOKI友さんは東京会場へ応募していました(私は大阪ね)

私がメールで「イベントにお互い参加できるといいですね」って書いてメールを送りました。

もうその時は当選者にはメールで連絡がいっていたようですね。

しばらくしてTOKI友さんから「1つ報告があります。TOKIOのイベントに行けることになりました」という内容のメールが送られてきました。

ちょっと動揺しつつ、他のファンの方のブログを見に行きました。

まず東京会場の当選者へのメールが送られている事がわかりました。

「大阪は??」

関西のファンの方のブログを見ると、大阪会場の当選者にもメールが送られていることもわかりました。

そこで初めて、私はイベントに行くことができないんだ、ということを知りました。





イベントに参加できなかったこと…つまり、TOKIOに逢えないってことですよね。

その事実に対する気持ちはどうだったのか、というと全然思い出せないのです。

あの頃の私のようにTOKIOに対する愛が今は少々冷めているからかもしれないのですが(笑)

恐らくショックだったし、悲しかったと思います。

ただイベントに行けない=TOKIOに逢えない、というのは結構すんなり受け入れました。

だから気持ちに残っていないんだと思います。

このブログでも以前書いたのですが、私はその時(今も)余力があるので、本当にTOKIOの力が欲しいファンが行くべきだ、と思っていました。

余力がある私はきっと神様が当たりを引いてくれないだろう、と思っていましたから。

そう思うきっかけは春にあった淡路島の地震です。

震度3の揺れでも本当に怖い思いをしました。

その時思ったんです、きっと東日本大震災を経験した方は今も大変な思いをしているんだろな、って。

そして今回の地震で阪神淡路大震災で被災された方々はあの当時の記憶が蘇ったんじゃないか、って。

そんなことを考えていると、今の私は仕事もいろいろいただけて、新しいお仕事にも声を掛けていただいて、力がまだまだ足りないながらも仕事を頑張る余力がある。

だったら、大変な思い、どうしてもTOKIOの力を必要としているファンの方が行くべきだ!と思ったのです。

だから落選はある意味想定の範囲内。

実際に落選するとやっぱ凹むけど(笑)それでも納得はしています。

それに…ちょっとタカビーに言うと「私が落ちたから行ける人がいるんだよ!」って感じです(笑)

ま、負け犬の遠吠えですけどね。

それにイベントに応募できただけでも私はHappyだ!と思っています。

どんなに応募したくても、その日がお仕事だったり金銭的な問題(地方に住む私としてはいつもついて回る問題です)だったり、家庭の事情だったりでDVDを選択した方もたくさんいらっしゃると思っています。

その中でもイベントに応募することができた私は幸せ者だからね。




じゃあイベントに関して何にひっかかったのか?




それは同じTOKIOを愛するファンなのに当選した方から私がイベントに行けないんだということを知らされたことです。



ここから誤解のないように書きたいのですが、なんせ文才がないので真意が伝わるかどうか不安なのですが…



応募した時に「5月中に当選者にはメールを送る」と書いてありました。

つまり落選者にはメールは来ない、ということ。

時間が解決するのならそれでもOKだと思うんだよね。

何も知らないまま5月が終わって、「ああ、私はメールが来なかったから落選なんだ」って知るのはまだありだと思う。

今のご時勢です、ブログやツイッターで当選したことを書きますよね。

私だって当選したらこのブログに書いていたと思う。

同じファンから自分の落選を突きつけられるのってめちゃくちゃ苦しかった、気持ちがもたなかったです。

今思い出してもあの時の苦しさが蘇るほど…

ただ、ブログやツイッターで当選の喜びを書くことを私はいけないと思っているわけじゃないし、そのファンの方々に怒っているわけでもない。




そもそも…

これも前に書いたんだけど、私はこのイベントを企画したところ(今回は事務所かな?ま、レコード会社でも広く言えば事務所か)が落選者にもちゃんとメールを送るべきだと思っています。

それがTOKIOを応援しているファンに対する礼儀だとも。

応募者のデータベースから当選者のメールを抽出して当選メールを送っているわけでしょ。

だったらその逆ってプログラミングさえしておけばできるはず。

それをやらない理由ってなんなんだ?





私はすべてのことに対して「落選者にもメールを」と思っているわけじゃない。

例えが適切かどうかわからないけど、Johnny's Webのドラマクイズがあるでしょ?

そういうものは「商品は発送をもって」、つまり今回に言い換えると「当選者のみにメール」でいいと思うんだよね。

でも一律に同じ対応をするのはちょっと違うんじゃないかと思う。

私が今まで仕事をしてきて上司から教えてもらった様々なことを総合すると、今回は当選者だけでなく落選者にもちゃんとメールを送るべきだと思っている。

当選者も落選者も同じTOKIOのファンなんですよね。

なのに、当選者が落選者に「TOKIOにはあなたは逢えませんよ!」っていうことを間接的にでも伝えさせるようなことをしちゃダメだよ。

ちゃんと企画したところが落選者に最後通告しなくっちゃ!!

同じファンにイベントの落選を知らされることがどんなにつらいことなのか…それくらいの配慮がほしかったし、必要じゃないかな、と思う。

(娘に言わせると「TOKIOファン少ないんだから、それぐらいしなくちゃね~」と毒を吐いていました)

「いつもTOKIOの応援、ありがとうございます。またイベントへ応募いただいたことも大変感謝しています。多数の応募をいただいたため、厳正なる抽選の結果残念ながら落選となりました。またこのようなイベントを企画できるよう、TOKIO、そしてスタッフ一同努力してまいります。これからもTOKIOへの変わらぬ応援をよろしくお願いいたします」ぐらいの文章は考えられるでしょ?

効率化、っていう言葉で今回のことを片付けられるかもしれないけど、それって効率化でもなんでもない!

相手がどう思うかっていう配慮、相手への目線がないってことだと私は受け取りました。





『ココロの日曜日』の第3弾イベントのときも同じようにTOKI友さんのメールからイベント落選を知りました。

ここでも「やっぱり落選のメールを…」と思いましたが、今回のようにTOKIOに近いスタッフさんではない、という考えがあったので、今回のようなショックを受けることはなかったんだろうな、と回顧。

今回はガッツリ…だからね~





落選メールを送っても送らなくても、私がイベントに行けなかったという理由は変わりません。

でも、そうであっても、落選者目線があるかないかっていうのは伝わるし、それって大きな違いだと思う。





大学を卒業して入った会社で社長秘書をしていました(そこ!笑わない!!)

一番最初に社長からこんな話をされました。

社長が3人の秘書に「牛乳が飲みたいので買ってきて!」と言いました。

Aさんはパックの牛乳をそのまま社長に差し出しました。

Bさんはストローをパックの牛乳に差して社長に差し出しました。

Cさんはパックの牛乳をコップに移しかえて社長に差し出しました。

3人とも社長から言われた仕事をしていますよね。

でもどの人の仕事が一番いいと思いますか?

社長に牛乳をお出しするならCさんですよね。

これは秘書に限ったことではないのですが、どんなときも「一番最高の仕事をするには?」ということを常に考えるように言われました。




この前退職した学校でも、2人の校長からいろいろなことを教えていただきました。

2人とも女性だったので、本当に細やかな配慮を求められました。

特に「相手への配慮」は口をすっぱくして指導されました。




今回のメールの一件、ずっと私が大切にしてきたことをえぐられた気分になりましたし、今でもその思いは変わりません。




イベントはきっと1日何回か入れ替えて行われたことだと思います。

だって今年LIVEなさそうですもんね。

『音楽のちから』のことを『ZIP!』でやっていたときの松岡くんの言葉を聞いてそう思いました。

だからこその今回のイベントだったんだから、きっとTOKIOはそうしてくれたと思う。

もしかしたらDVDってイベントを収録してあるのかな、って今更ながら思ってみたりする。

でも、イベント落選者の多くの人がDVDを見ることはできないんじゃないかな?

少なくとも私はそうだ。

もちろんTOKI友さんから借りて見る方もいらっしゃると思うけど…

落選者への思いをTOKIOがイベントで語ったとしても…伝わらないな、私には。

ま、それに関しても納得済みだから。





今回のイベントに関してこんな風にもやもやしているのはきっと私だけだろうね。

器の小さい人間なんで、仕方がない。

そしてもってない私がいけないのだ。

『ココロの日曜日』第3弾イベントにも今回のシークレットイベントにも参加できる人もいる。

シークレットイベントで東京・大阪ともに参加できた方も聞いた話によるといるらしい。

そうよ、当選すればこんなにグダグダ言わなくてもいいんだよね、きっと。

でもさ、持ってないんだもん、私。

グダグダ言うしかないんだもん!!





今回行けなかった方のブログ見てると、みんなすごいよね。

「お仕事があったから行けなくてよかったんだよね」とか「まだまだ頑張りが足りないのかな」とか書いてある。

最初に書いたように諸般の事情でイベント応募すらできなかった人も同じようなことが書いてあったよ。




私はさておき(笑)こんな素敵なファンがたくさんいるんだよ、TOKIOには。

そのファンを悲しませるようなことしちゃだめだと思う。




私はTOKIOを応援するにあたって「TOKIOのファンって…」って後ろ指をさされるようなことだけはしないように心がけているつもりです。

TOKIOを悲しませるようなことはしたくないからね。

それが「6人目のTOKIO」という自負であったりします。

TOKIOのメンバーが「TOKIOを支えてくれる人はみんなTOKIO」というのなら、今回の企画をされた方もいろいろと大変だと思いますが、ファンへの目線、思いを常に持っていて欲しいな、と思います。

信頼関係を築くのは時間がかかるけど、壊れるのってほんの些細なことだったりすると思うから。





今こうやってブログを書いていても、フツフツと怒りがこみ上げてくる。

きっと、ずっと、この怒り、心の痛みは消えることがないし忘れることもない!

(私はヘビ年、執念深い(笑))

ただ、もうこれ以上悲しい思いをするファンを作らないで欲しい、と思うだけです。






あと蛇足(ヘビ年だけに)




デビュー前(かな?)からTOKIOを応援しているTOKI友さんと仲良くしてもらっているのですが、『ココロの日曜日』第3弾イベントにも今回のイベントにも行けなかったんだよね。

私は昔からTOKIOを応援してくれていたファンの方々に本当に感謝しています。

その方々がいなかったら私はTOKIOに出逢うことがなかったかもしれないから。

だからTOKI友さんには絶対に行って欲しかったんだよね、今回のイベント。

私が落ちても彼女だけにはどうしても参加して欲しかった。

彼女にそれを言うと「今のファンが一番だから」というけど。

だからひと言、TOKIOの神様に言わせて!

神様!何見てんのよ!!あんたの目は節穴かっ!!!

ちょっとスッキリした、こっちは(笑)







---------------------------------------------

やっぱり長かったです、すみません。

最後まで稚拙な文章を読んでくださってありがとうございました。




それではまた不定期に更新します。




スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

Re: Mさん
Mさんの忌憚のないご意見、読ませていただきました。
ここに今更書くのも…と思うので、別の機会に。

まあ全て私が持っていなかった、ってのがいけないんだろうな、と思います。
またいろいろな意見があってしかるべきです。
他の方の意見を否定もしないです。
私の意見もいちファンの意見ということです。

私はヘビ年でしつこい性格なので(笑)、きっとずっと納得することはない気がします。
それもまあいいんじゃないかな、と思ってみたり。
あれこれ考えず、今は♪時の流れに身を任せ~です!
Re: Gさん
寒くなってきましたね。
風邪など引かれていませんか?
コメントをいただいていたのに、お返事が遅くなり、申し訳ありません。

全員のファンを納得させることはできないとわかっていますが、1人でも多くのファンが笑顔でTOKIOを応援できるといいな、と思います。
私の意見が正しいわけでもなく、いろいろなご意見があるとは思いますが、1人のファンの思いとして書かせていただきました。
でも参加されるファンの方も悲しい思い、複雑な思いを抱いていらっしゃることも本当につらいことです。
2013年が終わろうとしている中、結果的にLIVEがなく、より一層あのイベントがもう少し何とかならなかったのだろうか?と思う今日この頃です。

Gさんは参加されたんですね。
素敵な時間をTOKIOや多くのファンの方と過ごせてよかったですね。
今度このようなイベントがあったら私も参加できて、Gさんとお話できたらいいな、って思います。

年末に向けてお忙しくなってくることだと思います。
くれぐれもご自愛くださいね。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
いま、何時?!
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
遊びに来てくれてありがとう
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
プロフィール

のぶりん♪

Author:のぶりん♪
性 別:女
血液型:AB型
星座:山羊座★
年齢:リーダーと同じく
    「心は十代」

最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。