*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リーダーに感じた「懐かしさ」
のびのびになっていたLIVEの感想を今日は書こうと思います。

やっと、って感じですね(笑)

長くなるかもしれないので、感想は追記に書いておこうと思います。



その前に…

7月24日0時台2拍手、1時台、3時台、8時台、16時台2拍手とたくさんの拍手をいただき、本当にありがとうございました!!



それではLIVEの感想はコチラから…↓↓↓

いろいろ考えていました、何を書こうかと。

今さら書くことないな、とも思ったりしたんです。

それは「月日がずいぶん経ったから、今さらLIVEの感想を書かなくてもいいんじゃないか。」ってことではなく、「感想をあえて書かなくても、あのLIVEが全てだろう。」という想いから。

会報にLIVEの写真が載っていて、メンバーのコメントがなかったのはきっとそんなメンバーの想いが反映されているんだろう、と私は勝手に思っています。

でも、やっぱりLIVEのまとめ!として書き残しておくことにします。





今回の『PLUS』というツアー、メンバーの心配りが感じられるLIVEだったと個人的に思っています。

それを一番に感じたのがセットリスト。

前回の『OVER 30's WORLD』ではアルバム曲を入れたり、昔の曲を入れたり…とこだわりのセットリストだったと思うのですが、今回はシングル曲を中心にまとめらていたからです。

アルバムが出ていない、というのもあるかもしれませんが、前回のLIVEでちょっとノリきれない会場の方々を見ていたので、「メンバーはそのことも考えたのではないか?」と深読みをしてしまいました。

それだけメンバーが私たちのことを考えて組み立ててくれたセットリストなんだ、と思うと、その気持ちがすごく嬉しかったです。

きっと去年1年LIVEがなくて、淋しい想いをしていた私たちの気持ちもちゃんとわかってくれていて、いいものにしたい!みんなに楽しんでもらいたい!というメンバーの意気込みをセットリストから感じることができました。




そしてなにより、3月11日に起こった東日本大震災。

ツアーをスタートさせた場所が甚大な被害にあったこと…LIVEを再開させるべきかどうかずいぶん悩んだことだと思います。

しかし、彼らが「続行!」という決断をし、TOKIO、サポートメンバー、スタッフの方々、そしてファンのみんなで作り上げた『PLUS』ツアーはツアータイトルにふさわしい、まさに『PLUS』の想いが紡がれて作り上げられた素晴らしいツアーだったと思います。

でもね、私は実際にLIVEに行くまで、複雑な想いだったんです。

「辛い思いをされている方々がたくさんいるのに、私がこんなに楽しい想いをしていいんだろうか?」って。

TOKIOに逢いたい気持ちはもちろんありました。

でもそれとは裏腹な思いがあったことも事実。

これは私だけではなく、多くの方々が思っていたことではないでしょうか。

多分TOKIOも同じだろうと私は思っています。

しかし、LIVEが始まった途端その気持ちが整理された気がします。

うまく表現できないのですが、自分が今ここにいること、そしてここで笑顔になることはきっと明日から誰かのために自分ができることをやっていくためのエネルギーなんだと思いました。

実際に何ができているのか?と聞かれるとわからないのですが、今でも募金を続けたり、できる限りの節電をしたりしています。

背伸びをしなくても、自分のできることを長く続けること…そのエネルギーをTOKIOからその日もらった気がします。




もう1つ気がかりだったのは、DASH村のこと。

さまざまな報道がされていたし、TOKIO自身どんな気持ちなのだろう?と考えると、ステージ上での彼らを見るのが正直辛かったですし、怖かったです。

辛い思いを胸にしまいこんで、無理して笑顔を作ってステージに立っているんじゃないだろうか?

そんなことを想像していました。

大阪LIVEではリーダー側の前から3列目、というリーダーの表情がはっきりとわかる位置であったのですが、それだけにリーダーを見ているのが辛くなるのではないか、とさえ思っていたのです。

しかし、LIVEが始まってステージにライトが照らされた瞬間、リーダーの表情を見て、私のそんな想いがどれほどちっぽけなものだったのかがわかりました。

後の『DASH』で彼らが寄せた直筆のメッセージからもわかるように、彼らはもうずっと前に、そう、LIVEを再開すると決めた時から未来を見つめて歩き出していたんだ、と感じました。

他のメンバーの表情は全然見てはいないのですが(笑)、リーダーと同じ表情をしていたことは容易に想像できます。

リーダーの笑顔はいつもと同じくあったかかったし、その眼差しは優しいものでした。

「なんて強い男(ひと)なんだろう…」

リーダーの優しさは、真の強さを持った人だからなんだな、と改めて今回のLIVEで感じたのです。

私の知らないところで涙も流したかもしれません。

どうしようもないくやしさ、辛さを抱えていた日もあったことでしょう。

しかし、それを乗り越え、新たなる未来を見つめているリーダーの目を見て、そんな彼らの想いをこれからもずっと応援していきたいと思いました。




LIVE中そんなことを考えていたら、「あ!」と感じたことがありました。

ずっと前からリーダーに感じていた不思議な「懐かしさ」。

それが一体なんだったのか、やっとわかったんです。




高校時代に野球部のマネージャーをしていた時のお話。

例の森之宮の片想いの彼と2人でグラウンドにいた時、彼がポツリとつぶやきました。

「俺、マネージャーやってる子とは付き合えないな。」って。

私の気持ちは知らないし、なんでそんな話になったのかわからないのですが、「どうして?」と尋ねた私に彼はこう言ったんです。

「自分が悔しくて泣いている姿や試合で打たれて落ち込んでいる姿、マネージャーには見せられても彼女には見せたくないからな。」

ちょっと落ち込んだけど(笑)、その気持ちすっごくわかる気がしていました。





そしてもう1つ、部員同士が練習方針で言い合いになって一触即発になったことがあったんです。

同級生のマネージャーの子と「どうしよう?」「大丈夫かな?」と何もできずに見ていたら、キャッチャーの子が私たちのところに来て「あっちにいってて!」と言うんです。

心配な私たちは「でも…」と言ってその場にいたら、「大丈夫だから!心配しないで!」と言って、私たちを遠ざけてくれました。

実際に彼が一生懸命仲裁に入って事なきを得たようです←事の結末を聞かなかった人(笑)




今回の震災の件で「リーダー大丈夫かな?」などどいろいろ考えていましたが、リーダーはステージから「大丈夫だよ、心配しないで!僕たちを信じて!!」と言っているようでした。

私がリーダーから受けたその「感覚」は紛れもなく野球部時代に部員から受けたメッセージ(上2件)と同じ「感覚」だったんです。

いつも「リーダーから感じるこの不思議な感覚はなんだろう?」と思っていたのですが、今回のLIVEでやっとそれがわかりました。

どんなにリーダーが悩み、苦しみ、涙を流していようとも、私はそれを敢えて知らないふりをしていようと思っています。

それは決してヘンな意味ではなく、リーダーが私たちにそれを見せまいとしているのなら、私もそれを知らないふりでいよう、と思っているのです。

リーダーが一緒に悩んで、泣いて…というメッセージを発したならば、私も一緒に苦しみたいし、泣きたいと思います。

でも彼がそんなメッセージを発することはないでしょう。

ならば彼らを信じて、ついていくのみ!

私の笑顔が、声援が少しでも彼らのパワーになるのなら、私は笑顔で、彼らを応援し続けるのみ!

だって「それしかできない」もんね、私には。

そして、それでいいんだ、とも思っています。







いろいろな想い、そして感動を残して『PLUS』ツアーは終了しました。

TOKIOの心にも、そして私たちの心にも言葉にはできない「想い」があると思います。

素晴らしいLIVEを、そして思い出をありがとう、TOKIO!!

ずっと、ずっと忘れないよ。

そしてこれからもTOKIOを応援していきます!!!




スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
いま、何時?!
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
遊びに来てくれてありがとう
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
プロフィール

のぶりん♪

Author:のぶりん♪
性 別:女
血液型:AB型
星座:山羊座★
年齢:リーダーと同じく
    「心は十代」

最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。